葉っぱの町 上勝町 いろどり

ビバ!インターン!一覧

戻る
  表示: 並び:
全1328件が見つかりました 1〜50件目を表示しています
Page: 先頭 <前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 次> 最後
上勝三日目2017/02/28(火)
こんばんは。
インターンの吉本です。

今日は彩農家の高尾さんという方の所へ行って来ました。
「上勝町=葉っぱビジネス」とある中でまさにその葉っぱビジネスの現場へ。

振り返って一言で表せば。
2月から島根県海士町でインターンを始めて以来、
正直一番圧倒されまくった一日だったと思います。
高尾さんが想像以上にパワフルでした(笑)


内容としては、

・シール貼り
・発泡スチロールに詰める
・枝切り
・パックに並べる
・タブレット注文取り
・収穫
・JA出荷

などをやりました。

発泡スチロールにパックを詰めるとしても並び方を考えたり、
パックに並べるのも簡単そうに見えてすごく難しかったです。

パソコン・タブレット・電話を駆使してお仕事をされているのはもちろん、
つまものの作業も圧巻。
JA出荷に一緒に行った際は、
他の農家さんも次々と出荷しに来ていてこれまた圧倒されました。

一番パワフルだなと思ったのが、
「ここで遭難したら絶対に戻ってこれないな」と思う位山奥へ進み、
高尾さんが切った枝を取って軽トラの後ろに乗せたり、ハサミを渡したり。
車に乗って帰ると思ったら、途中でふきのとうを収穫しに車を飛び出したり。



正直、料理の「つまもの」は今まで気にもしたことがなかったのですが、
上勝に来て色々なお話を聞いたり今日実際に体験して、
今後例えばお店に食事に行ったときに、
料理の食材や作った人の思いを聞きたいし大切にしたいと思いました。




外で桜の木の枝を切っていた時、
高尾さんのお手伝いにきていた方のお話をじっくり聞きました。
その方がどういう人生を歩まれてきたのか。
それに関連して現代の色々な問題の話。
どんなに辛い過去があっても、それを乗り越えていくこと。乗り越えられること。
ものすごい名言聞いたものの忘れてしまった…



海士も上勝も地域活性化や地域課題の先進地として有名ですが、
「自分は地域活性化に貢献しているぞ」と言った人はいなく、
一人一人が自分らしく生きているという印象を受けます。
でも、これで言ったら有名無名に限らず他の地域でもそうなんじゃないか? と思ったり。
有名な地域と無名な地域の違いってどこから生まれているのか。
地域活性化って何だろうと本当に思う今日この頃です。

そして最近、自分に関して新たな発見(「こういうことなのか?」という仮説)が見つかって、
嬉しい反面新たな疑問も生まれたり。


明日も彩農家さんです。
今日の経験を生かして、少しでもお力になれば。



上勝二日目2017/02/27(月)
こんばんは。
インターンの吉本です。
上勝町に来て2日目。
感想… とても山に囲まれている! 星が綺麗!
宿舎で一人暮らしで良い面もあるのですが、
話し相手が欲しくなる時もあります(笑)


今日はいろどりインターン初日。
今日は、polestar という上勝町にあるカフェへ行きました。
ホームページは、http://cafepolestar.com/

polestarは、地元の野菜にこだわった料理を提供して、
ゼロ・ウェイストの取り組みをあらゆる所に取り入れていました。
例えば、ストローが紙で出来ていたり、お手洗いにある手拭きはタオルだったり!

具体的には、

・お水、メニューを出す
・注文を聞いて伝える
・料理を並べ、運ぶ
・後片付け

などを主に行いました。

正直、長らく「自分は飲食業は無理」と思っていたのですが楽しくできました。
何でだろう?

振り返ってみると、

飲食業をやって対人コミュニケーションはもちろん、

・細かい所に気をくばる力
・人前に出るマナー
・食べ物や飲み物の知識(作った人の思いを伝えることが出来る!?)
・臨機応変さ

が学べるからではないかと思いました。

今までの自分にはなかった視点(?)で、これらを少しながら知った喜びなのか。

自分の学びたい(学ぶべき)ことが学べる業種であった…
東京でバイト探すときは最初から「飲食業」を除いてましたが、
ぜひぜひ挑戦してみたいと思います。
(まだ、社会人なるまで時間あるし!!)


カフェ自体がお店が地元のことを伝える場となっている一方、
地元の方の交流(休憩)の場となっていてとても良い空間でした。

一見何気なくあるカフェでも、
その作られた背景や人の思いを聞いて知ったらまた違った視点で見えてきて、
それが自分的にはたまらないです。

今回「上勝」という土地にせっかく1ヶ月いるので、
一人でも多くの方と関わり生き方含め沢山お話し出来ればなあと思います。
どういう考えを持ってここまできたのか。



明日明後日は、葉っぱ農家さんの所に行く予定です。
楽しみも不安もありますが…
自分なりに出来ることを精一杯やっていきたいです!



いじゅうもん新作!2017/02/27(月)
上勝町の移住者たちを取り上げた映像シリーズ「いじゅうもん」

この度新作ができました!第四弾です。



【3分バージョン】





【30分バージョン】





製作は上勝町のエンターテインメント会社「鰹繽汪J拓団」です。
今回は「上勝町に移住すれBar」ということで、上勝町の移住者たちが
たくさん登場し、リアルな田舎暮らしの様子を伝えています。

内容もおもしろいのでぜひぜひご覧ください!



新年おめでとう!!2017/01/04(水)
新年あけましておめでとうこざいます。
今年もインターンよろしくお願いします。
ぜひ挑戦してみてくださいねぇぇーー。


台湾から2016/12/30(金)
台湾から来たインターン生のこうしょうねいです。

ワーキングホリデーで一年間日本に滞在することになっており、
上勝町は初めての滞在場所です。

一ヶ月、山に囲まれた町の生活で、毎日山の色を観察したり、
葉っぱを出荷したり、農家さんのところで働いています。
台湾での生活と全然違うことを体験して、自分にとってすごく新鮮だと思います。

上勝町に来て、日本人は自然の植物と動物を尊敬することが分かりました。
例えば、和食は四季の葉っぱを見て季節を感じること。
木から取らなかった柿がカラスのために一個残っている。
都市が好きな人もいるけど、自然が好きな若者にとって、
仕事の機会があれば小さい町でも住める可能性がある。

一方、市場の情報を農家さんに発信して、いろどり会社はブリッジとして、
とてもよいシステムを作ったと思います。

どんどんネットが道路に取って代わる時代に、田舎に泊まろう。




↑傍示集落の秋祭りに参加しました




↑山奥にある「Bar IRORI」で行われた音楽ライブ




↑山の向こうに見えるのはアート作品「射手座造船所」




↑知る人ぞ知る「吉成隧道(ずいどう)」
 かの有名な竹田城と同じ工法の石積みが残されています



インターン終了2016/10/24(月)
インターン生の鳥海です。


10月14日で3ヶ月間のインターンシップが終了し、
今は神奈川県の実家に帰ってきています。


3ヶ月間、上勝にいたこともあり、
すっかり彩に染まってしまったのか、
もみじが植えてあると、

「この葉っぱはきれいだから、商品として出せそうだな。」

と、つい思ったり、
人家の庭先に柿の木が植えてあると、
実よりも葉っぱに目が行ってしまいます。


私は現在農業の学校に行っており、
卒業後は農業法人に就職しようと考えています。


3ヶ月間のインターンを通し、色々な農家のところへ行ったり、
お話を聞いたりして思ったことは、農業をする上で(他の仕事も
そうですが)一番大切なことは、誠実さだと思いました。


私のインターンの目的は、小さくても儲かる農業を知ることでしたが
儲かる方法を学ぶよりも、働く姿を学んだように思いました。

上勝町の方達が、仕事を楽しみながらも、真摯に取りくまれている
姿は今も目に焼き付いています。


ある方が、農産物は自分自身の鏡だというようなことをおっしゃっていて、
なるほどと思いました。
私自身、「まあ、これぐらいでいっか。」などと適当な部分が多々あって、
気をつけないとルーズになってしまいますが、これからは気を引き締めて
行きたいと思います。


インターンの最後の一週間は、田野々集落のお祭りのだんじりの練習と
本番に参加させていただきました。

地域のお祭りに、どこから来たのか分からないインターン生の私を
心よく受け入れてくれて、その寛容さに驚くとともに嬉しく思いました。





私の地元にもお祭りはありますが、出店を楽しむことしかして
いなかったのでとっても貴重な経験になりました。



最後に上勝町のみなさん、3ヶ月間本当にありがとうございました!!

また、上勝に遊びに行きます。



一か月の上勝の生活を終えて2016/10/04(火)
こんにちは、こうだいです
先日ひと月の上勝でのインターンを終えました。



上勝の人の良さや体験などはこれまでのブログで腐るほど書いてあ
ると思うので、これから上勝に来る方に役立つように、自分がひと
月で一体何を学んだかという事を書いていきたいと思います。



あんまり長く書いてもしょうがないので

移住をしようとしてる人向けに「上勝でも暮らせる」
自分のように地方の活性化について学んでいる方に
「上勝を活性化しようとしている人たちを学べる」

という二点でお話ししたいと思います。



まず「上勝でも暮らせる」について
以前のブログでも初めて上勝に来たときは
「山の中過ぎて暮らせないよ」と感じたことは書いたかと思います。

でも大丈夫だと思います。なぜならお金がいらないから

私は東京出身なのですが東京の経済と上勝の経済は全然違います。
東京はお金がなければ何にもできませんが上勝ではお金がなくても生活できる。

土地は安いので野菜などの食べ物は自分で作ればいい、
近所の人や町の人同士で助け合うのが普通のことであるので
自分ひとりでは大変な大工仕事や畑仕事も協力してできる。

何しろ家賃なども安いところを探せばめちゃめちゃ安く済む。
そもそも買い物をするものがないので、彩で稼いだり農業や
就業をすればお金はたまる一方なのではないかと思います。

また、文明的な生活?が恋しければ車で一時間で徳島の市内まで行けます。

あくまでひと月住んだ感想なので、移住には医療や子育ての問題が
あるとは思うのですが、それさえクリアしてしまえば全然いけると思います。

それらの問題でさえ現在改善に向けて町が動いているところではあるので
きっと良い方向に動いていくと思います。



次に「上勝を活性化しようとしている人たちを学べる」についてです。
いろどりインターンでは農家さんのところへだけ行くわけではありません。

町を形作っている事業体にも行かせてもらえます。
そういった方々はまちづくりにも関わっていらっしゃるので
いきなり町のキーパーソンにお話を聞くことができます。
ひと月もいれば当然仲良くなることも全然できます。

その時にプロジェクトが動いて入れば参加させていただいたり、
会議に出席させていただく事も出来ます。

実際にそのようにどんな方が、どんな考えで、どのように動いている
のかという事を間近で見ることは非常に貴重な事であると思います。

私は、まちづくりとか活性化において施策ばかり見てきて、そういった
“現場”というものを意識できていなかったので、このインターンで
「実際に施策を行うのはこういった住民や事業体の人たちなんだ」
という実感を得るとともに、住民の方がいなければ成り立たない事、
この人たちのために頑張るのだという具体的なイメージを持つこと
の重要性を学ばせていただきました。



いろどりも町の事業にたいして様々な取り組みをしているので、
頼めば情報や担当の方に付けてくれることもありうるかもしれません。
興味があればぜひお願いしてみることをお勧めします。

いろどりインターンシップでは何をどのように学ぶかという事は
インターンシップ生にゆだねられています。
参加する際はしっかりと自分は何を学びに行くのかという事を確立
した上で、現地では積極的に自分から動いていくことが非常に重要
になってくるかと思います。

インターンではちゃんと目的があれば大抵のことはお願いを聞いてくれるので
ぜひたくさんお願いをして充実したインターンにしていただきたいと思います。



↑期間の最後に他のインターン生やいろどり社員に向けてプレゼン



私は、実際にいろどりをしているおばあさんを見て、空気を体感す
るという事で上勝に来たのですが、それ以上のものを学ばせてもら
って東京に帰ってきました。

それとすっかり上勝が好きになってインターンの仕掛けにまんまと
はまってしまったようで悔しいのですが、それくらいの体験ができます。

色々書きましたが、これからインターンに来る方の参考になればうれしいです。

さらに上勝が良い町になることを願っています。

お世話になりました。



インターン生の休日2016/10/04(火)
こんにちは、こうだいです。

私は一か月の少し長めのインターンをやらせていただいてるのですが、
毎日農家さんや事業所にお邪魔してお手伝いなりヒアリングなりするのは
非常に体力的にも精神的にも大変です。
インターンのお世話をしてくださっている粟飯原さんも疲れてしまいます。
ということで、長めにインターンをしている人には週に1、2日の
完全フリーな休日が与えられています。

という事で本日は趣向を変えて先日の私の休日の使い方を紹介しようと思います。



9月15日
やってきました徳島市内





一人徳島観光でインターン生活のちょっと息抜きです。
本日の最終的な目標は徳島駅から20分くらいのところにある映画館で
「君の名は。」を見に行くことです。

しかしめちゃめちゃ気合を入れてきたため映画の5時間前に徳島駅に
着いてしまったので徳島観光もします。





阿波踊りのお兄さんも歓迎してくれました。



まずはひょうたん島クルーズです。





なんと保険代200円で市内を流れる川を遊覧船でクルーズしながら
船長さんが観光ガイドをしてくれます。





記念に自撮りの顔がこわばりまくってますが、
このとき船長さんが急加速して怖かったからです。


船の上からは眉山が美しく見えます。





最後に船長さんに写真をお願いしたら快く撮ってくださいました。






お昼ご飯は地元民おすすめのラーメン屋さん三八です。





豚骨のスープがとてもおいしい!持つべきものは地元民です



その後映画館に行くバスでおばあちゃんに席を譲ったのですが
そしたら大判焼きくれました。





「徳島あったけえな…」と思いながらおいしくいただきました



そんで、映画をボロ泣きしながら見て






夕飯にまた地元民おすすめのそばを堪能していたら






終バスを逃しました

田舎の終バスは早いです。
1時間半くらい夜道を歩いて帰りましたが
街灯は星明りのように頼りなく、





夜の上勝は霧は濃いし、
犬にはめちゃめちゃ吠えられるし、
夜なのに学校のチャイムは鳴って
死ぬほど怖いので気を付けてください。

こちらからは以上です。



残り2週間2016/10/03(月)
こんばんは。インターン生の鳥海です。

9月の下旬になりキンモクセイが咲き始め、
秋の気配を感じるようになりました。

現に、鈴虫の音を聞きながらこのブログを書いています。
蝉の声で起きていた夏が懐かしいです。



先日は、あさかげ亭に研修に行きました。
あさかげ亭の元木さんは、梅サイダーなどの商品開発をしたり、
予約制のそば屋を営んでいます。

今回はお客さんがお昼を食べにいらっしゃるということで、
その準備をしました。

そばに栗ご飯、茶碗蒸しなどおいしそう〜と思いながら手伝って
いましたが、まかないで出していただきました(ノ^^)ノ
 
あさかげ亭から見える棚田の風景は美しく、普段、写真を取らない
私でもつい撮ってしまいます。
ですが、高齢化が進み、近い将来この棚田も見られなくなってしまう
日がくるかもしれないそうです。
そのため、元木さんは、それを食い止める策を色々と練っておられました。







お昼ご飯を食べてからはそば打ちを教えていただきました!!

研修が終わるまでに何回そば打ちができるか分かりませんが、
一芸が身につくように頑張りたいと思います(*^_^*)

ブログを書くことが分かっているのなら写真をとればいいのにと、
いつも後悔しますが、携帯をズボンのポケットに入れておくと、
なくしそうで怖いので、ついカバンにいれたままにしてしまいます。

おかげで携帯をなくしたことはありませんが、やっぱりブログには
写真をたくさんいれたいです。

残り2週間をきりましたが、写真をたくさん撮ることも一つの目標にして、
1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。



一ヶ月終了!2016/09/27(火)
こんにちは!いろどりインターン生のこはつまこです!

昨日で1ヶ月のインターンが終了しました。
毎日が刺激的でとてもあっという間でした。

いろどりインターンに来るまでは、まちづくりとはどう他地域と差
異化させるか、どう戦略的に出来るかが大切であると思っていました。

しかし結果、そのスキルが大事なのではなく、大事なことはどのく
らいまちのことを想い、ひとのことを想うかで、結果としてスキル
がついてくるという事なのだと思いました。

上勝町にきて1ヶ月。

1ヶ月だけですが、上勝町の大自然や、また初めて会った私を孫の
ように可愛がってくれる農家の方、上勝町のことを熱く、そして真
剣に語ってくださる住民の方に出逢えたことで、私はこの上勝町が
好きになりましたし、私の地元もこんな町にしたいと思うようにな
りました。
そして、上勝町が大好きになりました!

将来、私も自分の地元を上勝町のように、住民が活躍出来て輝くこ
との出来る地域にしていきたいです!
そのために、これからもがんばっていきたいと思います!

お世話になった住民の方々、あいはらさん、そして一緒にがんばり、
楽しんだ同期のインターン生。
本当に感謝しています。
出逢えてすごく幸せです。





では、また、成長した姿で帰って来ることが出来るように、
挑戦していきます!



葉っぱ農家さん2016/09/27(火)
こんにちは!インターン生のオガサです。


いろどりインターンシップで2回彩農家さんの研修があったので、
今回はそれについて書きます(*^◯^*)


1回目は高尾さん、2回目は西口さん&西蔭さん。
みなさんと仲良くなれてハッピーです!


作業内容
シール貼り、葉っぱ選別、パック詰め、ラップがけ、梱包、出荷、
山で葉っぱ収穫


…と盛りだくさんでした!

農家さんによって1日に出荷する量は違います。
人によって仕事量を調節できるので、彩とは別に他の農業をやって
おられる方もいました。


自分で仕事量を決められるのは彩の特徴ですね!
会社勤めより取り組みやすいので、退職されたあとから彩を始めた
方も多いそうです。


葉っぱビジネスのことは知っていましたが、実際体験するのは初めて!!
ということでお手伝いする前からワクワク♪


作業場にはすでにパック詰めされた葉っぱたちが。
それは艶やかで、まるで宝石のようにキラキラしていました。


赤紅葉 "血汐"の吸い込まれるような赤。
青もみじや青いちょうの爽やかな緑色。
南天の深くて力強い、濃い緑色。
色づいた柿の葉は風情がありました。


文章や写真では伝わりきらないほど綺麗。


葉っぱビジネスって、簡単なようで難しいんですよ!
単に山に生えている木の葉っぱを収穫し、パッと詰めているわけではありません。


葉っぱを育て、収穫し、枝が見えないように考えながら詰めていく。
この詰める作業が実は難しいんです!
(4コマ劇場風でお送りします)




よっしゃ、詰めるぞ!






うーん…65点!
というわけで手直しされちゃいました(笑)






2回目!わー!!さっきより綺麗にできた♪
でも時間かかり過ぎ、、、






難しい、といえばラップがけ!!!
ラップがけは西口さん&西蔭さんのところでさせていただきました。






みなさん手際よくされていたので簡単かと思いきや、ほんとに難しい!
シワになってはいけないし、もみじの葉がパックの外に出ないように
気をつけないといけません。
細部にまで神経を集中させていました(*_*)


農家さんそれぞれにこだわりや信念、「いろどりストーリー」がありました。
しかし共通して言えることは、みなさんこの仕事が大好きだってこと!
苦に思ってなくて、楽しみながら仕事をされていた姿が印象的でした。

実際、このお仕事楽しいです!!
私が収穫し、詰めた葉っぱたちを出荷するときは子供の旅立ちを見送る
ようでした…(しみじみ)


「またいつでも寄ってかんまんけんな」


みなさんに言っていただけた言葉です。
上勝は第二のふるさとになりました!!!


「また行くけんな!ほれまでみんな元気にしとるんじょ〜!」







インターン2ヶ月目2016/09/20(火)
こんにちは。インターン生の鳥海です。

先週もブログを掲載させていただきましたが、
今週もよろしくお願いします!

インターンシップに来て明日で2ヶ月になります。
最初、あまり分からなかったおばあちゃん達の阿波弁も分かるよう
になってきて、リスニング力が上がったことを実感しています。
残り一ヶ月で話せるようになりたいです。

先日、阿波晩茶をつくっている山田さんのところへ、先週から来て
いるインターン生3名とお邪魔させていただきました。

山田さんは7月下旬から8月下旬までの1ヶ月間、お盆休みの3日
以外は毎日お茶摘みをされたそうです。
私も8月中はお茶摘みを体験し、想像以上に大変だったので、
「あの暑い中で、1ヶ月間も!!」と驚きました。
山田さんはご高齢ですが、そのパワーにはかなわないなと思いました。

山田さんのところでは、メールや電話、ファックスで注文を受けて
いるそうです。
その数年間300件!
お茶を送る時、その一軒一軒に、一筆添えていて
「なんて心をこめて商品を作っているのだろう。」と思いました。

私も将来、自分で農業を始めたとき、個人の消費者の方に野菜を届
けたいと思っていますが、山田さんのように心をこめて仕事をした
いと思いました。


午後からは、いろどりの粟飯原さんに上勝を案内していただきました。
棚田は黄金色に染まっていました。




写真では分かりませんが、田んぼの周りには彼岸花が咲いていました。
田んぼの周りの草刈りをするときに、時期を間違えると彼岸花が
咲かなくなってしまそうです。
そのため、農家の方は彼岸花のことを気にしながら草刈りをするそうです。
美しい景観を守るために大変な努力をされているのだと思いました。



晩茶祭り2016/09/20(火)
9/17からいろどりインターンシップに参加している、
オガサヒロコです(*^◯^*)


まず、簡単な自己紹介から。
徳島県徳島市生まれのお喋り大好きな21歳の女の子♪
今は京都の立命館大学でコミュニケーションについて学んでいます。
ばあちゃんの地元が勝浦で、よく勝浦には来ていました。
今も帰省するたび、必ずお墓参りに行きます(超ばあちゃんっこでした!)


インターンシップ2日目を終え、心地よい疲れの中、
この文章を書いています。


今日の午前中、キミちゃんのところにお邪魔して、晩茶の選別、
お茶詰め作業、シール貼りをお手伝いさせていただきました!


子どもの頃から晩茶ばっかり飲んで「世の中に晩茶しかない!」と
思いこんでたほど晩茶大好きな私。
今回のインターンシップで晩茶に関われるお仕事ができたのは最高
でした(≧∇≦)


仕事場いっぱいに広がる晩茶のふくよかな香り。
息を大きく吸い込めば、体の中に晩茶が入ってきた感じがして、
何度もこっそり深呼吸していました(笑)





晩茶の茶葉と茎を分ける作業をしたのですが、なんせ暑い!(笑)
おでこの汗をふきふき、5袋分詰め終えました。


休憩の時に出してくださった晩茶の美味しいこと、
美味しいこと!!!!
一口飲むと、口の中に爽やかな甘みが広がって喉を潤してくれました。
あまりの美味しさに私1人だけで3杯飲んでしまいました(笑)





最近、晩茶の効果が注目され有名になってきています。


・腸内環境を整える
→腸内フローラの生成、便秘改善
・血糖値抑制
→肥満症、糖尿病などの防止


健康でいるために必要不可欠な効能が晩茶にはあるんです!!


美味しくて健康にもよい晩茶、飲んでみたくありませんか??


晩茶は、農家さんによって、また淹れ方によっても味が変わります。


"自分だけの特別な一杯" がきっとあるはず。


え、でもどうやって見つけたらいいの?
こう考える方もいらっしゃると思います。


そんな方に朗報!!!
10月1日、第一回上勝晩茶祭り
これがあるんです。



(※クリックすると画像が大きくなります。)


農家さんが一同に集まり、自慢の晩茶を振る舞ってくださいます。
飲んで、喋って…。「自分だけの晩茶」を見つけるチャーンス(≧∇≦)♪


ちなみに私は、蒸らす時間を長めにして渋くした晩茶が好きです☆





お別れのときにパシャリ☆
キミちゃんの笑顔が最高〜〜!!



満を持して2016/09/19(月)
こんにちは!いろどりインターンシップ生の鳥海です。

7月下旬からインターシップでお世話になっていますが、
ブログを書くのは今日で初めてです。

私は、神奈川県川崎市出身で農業の専門学校の2年生です。
卒業後、農業をするために現在勉強中です。
農業の勉強をしていますが、学校は東京にあり、座学が中心です。
そのため、長期の研修がカリキュラムにあり、それを利用して、
3ヶ月間のインターンシップを行っています。

上勝町は、学校の図書館で彩のおばあさん達の写真集を見て知りました。
「葉っぱを売るなんて考えたこともなかった!」と驚き、
そんな斬新なアイデアが生まれる町に行ってみたいと思ったのと、
おばあさん達の暖かな笑顔に引き寄せられ上勝に来ました。

この2ヶ月間、様々なところに行き研修にいきました。
彩農家の研修では、山の中に入り葉っぱをとる手伝いをしたり、
晩茶のお茶摘みでは他の人たちの茶を摘むスピードに驚かされたり、
上勝ならではの経験をさせていただいております。

最近のことで特に印象に残っているのは、自給自足的な生活をして
いる中村さんの家に行ったことです。
中村さんはヨーロッパや東南アジアを旅していた方で20年ぐらい前
から上勝に住んでいるそうです。

以前に中村さんが長く暮らしていたネパールの、山の中の人々の生
活を参考に上勝で生活をしていて、薪を利用して、暖炉や炊事など
の火はすべて自給し、水は沢の水をひいていました。



また、家電製品や車などは持たず、最低限必要なものだけで暮らして
いらっしゃいました。
そして、驚いたのが電気代です。
月々、400円の基本料金しか払わないですんでいるとおっしゃっていました。
お昼には、ネパール風のカレーをみんなで作って食べました。
気持ちはネパールに飛んでいました。

昼食後は、沢の水を引くということがイメージしにくかったので、
実際に沢の水の水源まで連れて行っていただきました。
家からホースで沢までつながっていました。
普段、水がどうやってくるのか意識しないけど、目で見えるものだと、
より水を大切にしようと思うなと思いました。
このような生活は、大変なところもあると思いますが、
いいなと思ったので今後の参考にしていきたいと思います。

余談ですが、中村さんの肌はとてもきれいでした。
中村さんはドクダミ茶を飲んでいたので、それがいいのかと思い、
私も昨日からドクダミ茶を買って飲み始めました。




このように、上勝には、個性的で魅力的な方がたくさんいらっしゃいます。
残り1ヶ月、色々な方に出会い自分の視野を広げていきたいと思います。



二週目2016/09/15(木)
こんにちは!
いろどりインターンに参加させてもらっています
小波津麻子(こはつまこ)です!

上勝町は9月に入り、段々と涼しくなってきています!
今週は雨天の日が多かったですが、その霧さえもとても美しいのが
さすがやな〜と思ってます。
私もいろんな魅力にあふれた女性になりたいなと思いながら今週も
ブログを書いていきたいと思います。

今週は、主に飲食店やイベント施設など各事業所を回り、様々な観
点から上勝町について学んでいきました!






あさかげ亭のお蕎麦と梅サイダーです↑
梅サイダーはたくさん余った梅をどうにかしたいと思い、約3年か
けて開発したとおっしゃっていました!
お蕎麦は右が上勝産晩茶を練りこんだお茶です。
晩茶は普通の緑茶よりも甘みが強くにおいも渋みがないのが特徴です!

そして、みなさん、それぞれ様々な思いを持ちながら活動されてい
ましたが、共通しているのが事業主の方がほぼ全員移住してきて事
業を立ち上げているということでした!

以前、大学の講義で地域活性化に必要な視点は「よそもの・ばかも
の・わかもの」と学んだことがありましたが、その視点を学ぶこと
ができた貴重な機会となりました!


また9月4日は「YAMABIKO MUSIC FESTIVAL」に参加してきました!



「YAMABIKO MUSIC FESTIVAL」では上勝町内外のアマチュアミ
ュージシャンが集って、昼過ぎから夜にかけて、それぞれの演奏を
繰り広げられていました!
歌って魂が伝わるって言いますけど、多くの出演者が魂のこもった
音楽を演奏しており、とても盛り上がりました!

そして最後に主催者の仁木さんの「地域活性化ってあーだこうだい
うより、俺たちが楽しんでいこう!」という言葉にとても胸に打た
れました!

上勝町にきて二週間。
二週間しか住んでいないはずなのに、とても懐かしく感じるこの町。
その町の魅力は豊かな自然だけでなく、町の方々の初めて来たのにも
関わらず暖かく受け入れてくださるやさしさ、そして村を思いやり、
守っていこうとする熱意だと再び実感した一週間でした。
ですが、そんな魅力にあふれた上勝町にも人口減少や安定した雇用
があまりないなど問題が多くあります。


地域のために、自分でできることから、すこしづつ。
来週は実際に上勝町のために私自身何ができるか考えながら、実行
に移していこうと思います。

それではまた来週更新いたします!



一週目2016/09/15(木)
はじめまして!いろどりインターンシップ生の小波津麻子です。

沖縄県出身の大学3年で、地域活性化について大学では学んでいます。


高校生のとき勧められて読んだ一冊の本。
住民がキラキラと輝き、主役になれる町。
その町を忘れることができず、夏休み上勝町に行って地域活性化と
は何か体感し、将来の目標に近づきたい!と思い、今回インターン
に参加しました。

インターンでは2日目から実際に、農家さんのところで彩の出荷作
業をお手伝いしました。



パック詰めをしたり、葉の選別作業を行ったりと様々な経験をさせ
ていただきました。

そしてなにより「彩は生きがい!」「ほんまに楽しい!」と笑顔で
話してくれる、おばあちゃん・おじいちゃんと話をしていると、
彩が成功しているのは、きちんと経済という目に見える形で自分た
ちに利益があること、そして行っていることが毎日続けやすいこと、
そして人との関わりが増えることが成功の秘訣であると思いました!


農家研修以外にも実際に、上勝町に移住して、一から事業を起こし
ている方々にお会いしました!



上勝開拓団では、お話しをお伺いするだけでなく、初めてかまどで
調理したりと刺激的な経験をさせていただきました!

今まで、地域活性化とは地域経済を循環するためのスキルがないと
何も始まらないものだと思っていましたが、この町に来て農家さん
や事業家さんと話しているうちに、スキルが始まりでなく、一生懸
命未来を考え、自分たちが楽しむからこそ、スキルは身に付き挑戦
していけるのだと感じました。




宿舎では、いろんな地域や大学からきた仲間たちと炊事や花火など
を通して楽しい思い出を作ることができました。
また今日の出来事や考えたことをみんなで話すことで価値観を広げ
ることができました!

また来週から頑張っていきたいです!



上勝第二週目2016/09/27(火)
どうも、おひさしぶりです。
いろどりインターン生のこうだいです。

いろどりインターン二週目も一週目に負けず劣らず濃い時間を過ご
すことができたので紹介していきたいと思います。

今週インターンをさせて頂いたのはゴミステーション、株式会社い
ろどり、cafe polestar と上勝開拓団の4つです。


ゴミステーションは上勝の最大の特徴の一つである34分別されたゴ
ミをゼロウェイストアカデミーが主体となって集めているところです。
とはいっても上勝にゴミ収集車は無いので住民の方が自分の車でゴ
ミをステーションに持ってきます。

私がゴミステーションに来て最初に思ったことは、ゴミ置き場であ
るのに全く臭くない!!ということでした。
それはなぜかというとにおいの元となる生ごみは自宅のコンポスト
で処理をしていますし、空き缶やビニールなども家できれいに洗っ
て乾燥してから捨てに来るからです。
住民の方の分別を手伝う事で、自分も分別がより詳しくわかるよう
になりました!


次に株式会社いろどりでは事務作業のお手伝いをさせて頂きました。
実際に社員のみなさんや横石社長が働いている職場にお邪魔させて
いただいてドキドキでした。
私が作業をしているすぐそばで社長が商談の電話をかけていたりして、
ここでいろどり事業は運営されているんだなあと感慨深く感じました。


cafe polestar では接客など、お店の手伝いをしました。



自分はカフェ店員って一度やってみたかったので白シャツを着てエ
プロンを貸してもらった時憧れだったものに一瞬でもなれてめちゃ
めちゃうれしかったです。



たまたま来た地域再生コンサルタントの方も聞かせていただき、
お店を閉めた後には市内の映画にも連れて行ってもらったりして、
上勝に来てから毎日濃い生活をしているのですがこの日は特別に非
常に濃い一日でした。



お仕事の合間には人生相談に乗ってもらったりして、なかなかでき
ない体験をさせてもらいました。


上勝開拓団では「ヤマビコミュージックフェスティバル」という町
内外からアマプロ問わず音楽好きを集めて、ステージで演奏しても
らうイベントのお手伝いをしました。
会場は上勝開拓団がやっていらっしゃるBar IRORIでおいしいお酒
や食べ物をいただきながら音楽を楽しめます。



朝はドタバタと忙しかったのですが、一旦フェスティバルが始まっ
てしまうと演者さんが自由にやってくれるので、自分もインターン
生だという事を忘れて皆さんの演奏に聞きほれてしまっていました。


↑徳島のスター井上陽水(あきみ)さん(左から二人目)と


これから第三週目が始まりますが、自分で積極的に動いてもっと上
勝のことや人を知っていければと考えています。



順次受付中!!2016/09/12(月)
今年度はより移住志向が強い方向けの「産業別インターンシップ」
従来通り幅広い層を受け入れる「いろどりインターンシップ」の
2本立てでプログラムを用意しました。






(※クリックすると画像が大きくなります。)

産業別インターンでは「農業」「林業」「商工業」と、参加者の
希望に合わせて移住に向けたファーストステップとなるような内
容をコーディネート。






(※クリックすると画像が大きくなります。)

いろどりインターンシップは7日間コース or 1ヶ月〜1年の長
期インターンを用意。
長期インターンでは町内企業のプロジェクトに携わるようなチャ
レンジングな内容を考えています。

いずれも詳細な日程や申し込みに関してはHPに随時情報をアッ
プしていきたいと考えていますので、興味がある方はぜひチェッ
クお願いします!


☆インターンシップの詳細情報はコチラ
http://www.irodori.co.jp/asp/nwsitem.asp?nw_id=9346



上勝第一週目2016/09/08(木)
はじめまして、いろどりインターンシップ生の辻野宏大です

簡単な自己紹介をしますと、大学三年生、公務員志望、趣味は山登
りって感じです
ニックネームでもなんでもないのですが、上勝ではこーだいこーだ
い呼ばれております

今回は一か月のインターンシップの第一週目を終えたので
この一週間自分が何をしてきたのか振り返りたいと思います。

夜行列車で東京から徳島に一人で来たときには「一か月徳島にいる
って長すぎるな、やっぱ一週間にしとけばよかった」とか思ってい
たのですが、そんな心配もよそに一瞬で一週間が終わってしまった
ので一か月もあっという間に過ぎてしまうんだろうなあといった感
じです。

今回の一か月のプログラムとしては最終週に上勝の課題に対しての
提言発表になるのですが、このはじめの一週間はこのゴールに向け
て最高のスタートを切れたと思っています。

この一週間はめちゃめちゃ内容が濃かったです。
横石社長のお話を聞いたり、地域活性化ワークショップ、いろどり
農家へお手伝いに行き、町内の事業体にもインターンへ行きました。

全て書いていると永遠に終わらなそうであるので、特に印象深かっ
た横石社長のお話しといろどり農家へのインターンについてここで
は述べたいと思います。

横石社長のプレゼンは、いろどり事業の理念からどのようにして人
を動かすべきであるのかなど横石社長の経験から語られる独自の理
論が非常に興味深く、またその方法で実際に成功を収めているので
説得力があり、50分間くらいの長いお話だったのですが全く飽きず
に最後まで夢中で聞いてしまいました。
また、親切にもインターン生の質問にも答えていただき貴重な体験
になりました。

次にいろどり農家さんへのインターンについて、今週は二件の農家
さんにインターンをさせて頂いたのですが、お世話をしてくれたお
ばあさん、おじいさんの元気さに度肝を抜かれてしまいました。事
前知識として、本などで上勝の高齢者は元気だという事は知ってい
たのですが、想像をはるかに超えていました。
また、パッケージされた“つまもの”のなんときれいなことか!
“夫”にしてほしいくらいに美しいです。
簡単にできるだろうと自分も手伝わせてもらうと結構難しく、熟練
の技と経験が必要なことが分かります。
キビキビと働くおばあさんだけでも一見の価値があるくらいほんと
にすごいです。





一見当たり前のことを言っているかと思われるかもしれません
が、これらのことを実際に体感できるという事は貴重であります
し、本での知識とは又違う印象を与えてくれます。一週間を終えて
いろどりインターンの強みはそんなところにあるのかなあなどと考
えております。

宿舎では毎晩他のインターン生と一緒にご飯を作って食べ、非常に
楽しく過ごせました。
行く前は宿舎では絶対にヒマであろうと持ってきた文庫本も今では
ただの荷物のおもりになってしまいました。
一週間の最後にはコーディネーターの粟飯原さんにタコ焼きをふる
まってもらいワイワイ過ごさせてもらいました。





受付中!!2016/09/03(土)
今年度はより移住志向が強い方向けの「産業別インターンシップ」
従来通り幅広い層を受け入れる「いろどりインターンシップ」の
2本立てでプログラムを用意しました。






(※クリックすると画像が大きくなります。)

産業別インターンでは「農業」「林業」「商工業」と、参加者の
希望に合わせて移住に向けたファーストステップとなるような内
容をコーディネート。






(※クリックすると画像が大きくなります。)

いろどりインターンシップは7日間コース or 1ヶ月〜1年の長
期インターンを用意。
長期インターンでは町内企業のプロジェクトに携わるようなチャ
レンジングな内容を考えています。

いずれも詳細な日程や申し込みに関してはHPに随時情報をアッ
プしていきたいと考えていますので、興味がある方はぜひチェッ
クお願いします!


☆インターンシップの詳細情報はコチラ
http://www.irodori.co.jp/asp/nwsitem.asp?nw_id=9346



GJ また会う日まで2016/04/06(水)
3月頭から約一ヶ月の長期インターンにチャレンジしてくれた
GJ(ジージェイ)こと、愛知大学一年生の神野元汰くん。



杉パラダイスの上勝町で重度の花粉症に苦しめられながらも、
常に明るく周りへの気遣いも忘れず、一年生とは思えないしっかり者でした。

うるさいくらいよく喋る子でしたが、いなくなると寂しい…

インターンのまとめを書いてくれたので掲載します!

******************************

気づけば春の訪れ。

僕が上勝に来て早一ヶ月。
今日は、インターン最終日です。

上勝での一ヶ月を振り返ります。



僕は、初日の上勝に来たときのことを良く覚えています。

「こんな山の中にあるド田舎でどうして町おこしに成功したのだろう?」と。

確かに、上勝は自然が豊かですが、
それ以外は特に目立ったものがあるようには感じませんでした。


↑上勝初日のGJ。帰る時より老けてみえるのはなぜ…?
 


しかし、今になってわかります。

上勝で輝いていたもの、それは「人」です。

僕は、上勝で一ヶ月滞在する間にたくさんの方と関わりました。

その中には、若い方だけではなく、ご年配の方や体に不自由がある方もいました。

しかし、どの方のお話を聞いても胸が熱くなりました。

それはもう、どの人が一番輝いてるかわからないくらいです!
 




僕は、一人一人が輝くことで町全体が輝くのだと感じました。

上勝の場合、その輝きの根底。つまりは、その「きっかけ」にいろどりがあるのだと思います。

ですが、このきっかけをつくることは容易ではありません。

みんなに共通することでなければならないからです。

共通することを見いだすことで、初めてたくさんの方に興味を持ってもらえるのです。

この考え方は、僕が研修の中で教わったことですが、今後絶対に必要な考え方だと思います。



一ヶ月の中で苦労したことはたくさんありました。

ですが、それでつらいと思ったことは一度もありません。

むしろ今となっては、大変貴重な経験をさせてもらったと嬉しいぐらいです。

この経験は、今後の人生に活きてくるはずです。








自分で、見て聞いて体感する。

これこそが、このインターンシップの良さです!

もし、この文を読んで少しでも上勝に興味を持ったら是非来てください!

絶対に来て良かったと思えます!



最後に、上勝でお世話になった皆さんと、一緒だった研修生の皆さんに心を込めて、

ありがとうございました!







旅する上勝カフェ@下北沢2016 メイキング動画完成!2016/03/25(金)
2/7に東京・下北沢で開催した
旅する上勝カフェ@下北沢2016≠フメイキング動画が完成しました!





前日準備から本番までの緊張感や大盛況の様子がたっぷり収められており、
改めてインターン卒業生の皆さんの協力のありがたみをかみしめました。



制作はイベントの共催でもある鰹繽汪J拓団さん

「本当は5分ぐらいにまとめるつもりだったのですが、
手伝ってくれた皆さんのことを、ちゃんとした形で伝えたいと思い、
23分になってしまいました 笑」とのこと。

愛を感じますね!
そんな思いのこもったメイキング動画、ぜひぜひご覧ください〜♪



そうこうしている間に、もう次の開催のことも考えていかなあかんなぁと、
冷や汗半分、ワクワク半分の担当者でした(笑)



カヤック〜ゼロウェイストツアー参加2016/03/25(金)
こんにちは!
大阪出身、関西学院大学総合政策学部1年生の右馬です。



7日目です。

午前は部屋の整理をして、午後からカヤック体験に行きました。
天候にも恵まれ大自然を満喫することができました。





そのあとは温泉に入って疲れを取って、
「Bar IRORI」でゼロ・ウェイストの見学に来ている外国人の方々
と交流・ディナーパーティーのお手伝いをさせていただきました。



ベトナムやインドをはじめ、アメリカ・台湾・モンゴル・イギリス・カナダ
インドネシアなどの国から集まった20名以上の人たちと知り合うことができ、
ここに来た経緯などを話し合ったりしたことは貴重な経験になりました。

自分がやりたい将来の仕事に最も近い形を体験したことで、
英語で対話することに関しての自信と、実戦でやっていくために必要な
専門的知識が足りないという課題を得ました。

あきらさんに少しでも近づけるようにレベルアップしていきます!

明日もゼロ・ウェイストの皆さんと行動して、現場見学やゼロウェイスト未来塾
に参加・サポートをします。

最終日なので、ここまでの学びをすべてぶつけるつもりで、
外国人と、そして上勝の先輩方と意見を交わしていきたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


上勝最終日になってしまった。

今日は昨日に引き続き環境問題の国際会議で日本を訪れている
外国人グループのサポートです。

朝は橿原の棚田に行って朝ごはん、古民家を見学したあとにくるくるハウスで
ゼロウェイスト未来塾が開催されました。





オールイングリッシュの中で、環境・過疎という難しい問題について、話し合い
を回したり、意見を出したり、みんなの前で発表したりできたのは、自信にな
った半面、日本の田舎をガイドしたり、地元の人たちと外国人の通訳をしたりす
るのは、ほんとに難しいと感じました。

あきらさんみたいに、相手に合わせて情報や言葉のチョイスを変えたり、さらに
詳しい情報を加えたりするためには、もっと現場の知識を頭に入れないといけな
いし、実戦経験が必要だと思った。

ただ自分の将来の目標に限りなく近い仕事を体験できたことは
本当に有意義な体験でした。



そのあとは滝に連れて行ってもらって上勝を離れました。





粟飯原さん、何から何まで助けていただいて、
そして貴重な体験の機会をたくさん
与えていただいてありがとうございました。

この経験を絶対将来に生かします!



最終日。2016/03/25(金)
こんにちは。
神奈川出身、早稲田大学法学部2年生の伊澤です。



はやいもので最終日。

上勝に愛着がわいてきたころに帰ることになるのは寂しい。
一週間とは思えない内容の濃い七日間。
今日の振り返りを書いていこう。



上勝開拓団。

名前だけみると怪しいと感じるかもしれないが、映像制作を中心に活動しながら
拠点となる事務所回りの耕作放棄地の開墾を進めていた。




僕はWebを使って田舎から情報を発信する仕事に興味があったから、
この開拓団のお仕事はどんなもんかと熱い眼差しで観察。

結果、とても良い。





ありきたりなことかもしれないけど、緑に囲まれて過ごす時間は癒しになる。
どんなにやることが多くても、緑は忙しさで忘れがちなゆとりを僕たちに忘れさせない。

良い職場だ。





農業をレジャーで、という考えもおもしろい。
本気度が高くないからこそ、気軽でいられる。
上勝との関わりを途絶えさせたくない人をつなぎとめる手段として、
開拓団の存在はこれから大きくなるんじゃないかな。



ヤッホー初体験のことも記録しよう。

やほって言うとやほって山が返してくれる。
きもちいい。
自然の雄大さを感じた。



それにしても、男と女のラブゲームには参った。



振り返りの時間でインターンを一通り振り返ったけど、
自分が話すよりも他人の話の方が何倍もおもしろい。

一週間一緒に活動してわかってきたその人の人格や性格が
それぞれの意見に反映されていたと思う。
上勝に対しての目の付けどころがいかにも彼らしいし彼女らしい。

自分では気付かない上勝の魅力に気付く勤勉さとか、気楽であるが
ゆえに生まれる人を和ませる緩さとか、必要とされることを率先し
てやりたいと思う心の優しさとか思いやりとか、やりたいことを全
部やろうとする吸収力とか、変な人とか。

これから将来みんながどういう道を歩んでいくのかが気になる。
上勝でまた繋がることができたらいいと思う。



みんながんばってね。心から応援してます。







阪東食品さん2016/03/25(金)
こんにちは!
福井出身、京都大学農学部の松澤です。



今日は阪東食品さんのところにお世話になりました!

体験させてもらった作業は、晩茶の葉と茎を分けること。
段ボールいっぱいのお茶は作業場中にいい香りを広めていました。

みちこさんは笑顔のすてきなおばあちゃん。
くき茶を袋に詰めて、きれいにリボンをかけていました。
やっぱり上勝町はみなさん年齢の概念をぶち壊してきます!



息子さんの高英さんは阪東食品のことについて様々なことをお話し
してくださいました。
驚きだったのは海外にもかなり出荷していること。
頂いたパンフレットは全て日本語、英語、中国語で書かれていますし、
名刺も裏面は英語。
徳島県の小さな町に来てこのようなところがあることが驚きでした。

今住んでいる京都、実家の福井にも商品を出されているということ
でしたので、こちらに来てハマってしまった阿波晩茶を徳島を離れ
ても楽しめそうでなにより(^ ^)



夜は女優の大桃美代子さんを囲んで鍋を楽しみました。
大桃さんはいろどりインターンシップに興味があって来町されたそうです。



大桃さんはいろんなことをお話ししてくださって、楽しかったです。
お話を伺っていると新たに訪ねてみたいところが次々と…
もう春から社会人だというのにこれは大変です(笑)

今日は同じところにお泊り、そして明日の朝も少しご一緒します。
気が付けば、明日が本格的に活動できる最終日。
1週間てはやいですね…



林野庁長官 来町!2016/03/25(金)
こんにちは!
千葉出身、東京農業大学食料環境経済学科1年生の青山です。



インターン四日目、彩農家の西陰さんのお宅にお邪魔しました。

西陰さんの仕事場は国際色豊かで、
「次の3月30日にモンゴル人が来るんよ。
それで合計30か国の人がここに来たことになるんよ〜。」
と嬉しそうに話されていました。

また映画に二回の出演、商売上手、お話が上手な女優さんです(笑)



今日やった作業は、敬翁桜の摘み取り、パック詰め、プリンセスみやびの選定でした。
椿の葉のパック詰めは、丁寧に丁寧に入れていました。

農協に出荷に行った際には
「うちって量少ないかぁ?」「やっぱ○○さんとこのは綺麗やな」
など他の農家さんが出荷されたものを研修されていました。



16時からは横石社長と林野庁長官が来られて、
僕も西陰さんもかなり緊張しました!



途中横石社長が僕のことを紹介してくださったのですが、人数が多かったせいか
聞いてなかった方がいて、外で彩についていくつか質問されました。

最後の質問は「、、、で、ここで働いて何年なんですか?」でした(笑)





今日はとてもいい経験を積ませていただきました。
感謝です。



桜 じゃがいも2016/03/24(木)
こんにちは!
鹿児島出身、鹿児島大学法文学部2年生の波江野です。



農家研修初日!
本日は西蔭さんのお宅で農家研修をさせて頂きました。

最初は、敬翁桜のカッティング。
ちょうどいいつぼみを探すために上を向いているとすぐに首が・・・。
スマホばかり見ているため、上を向いて作業をするのはとても大変でした 笑



次は、包装の作業。
いかにきれいにみせるか!やればやるほどおくの深さが分かり、難しさとともに
やりがいも感じました。
褒めていただいたときはうれしかったなあ。


午後は、ジャガイモの植え付け。
掘って肥料を混ぜて土をかぶせて種を植えてと想像していたより重労働・・・
おいしいジャガイモができたらうれしいです。



また作業中にいろいろな話ができました。

特に西蔭さんの大好物がうなぎということで、うなぎの話で大盛り上がり!!
まさか上勝町でうなぎトークができるとは・・・笑
実は鹿児島県は養殖うなぎの水揚げ量が日本一!
ぜひ鹿児島にいらした際は、ぼくのバイト先であるうなぎのやまげんへお越しください!!笑

発送も承ってます♪



初めての「彩」2016/03/24(木)
こんにちは!

神奈川出身、東海大学政治経済学部2年生の柳田美咲です。



今日はかわいい子犬がいる山西さんのお宅でインターンしました。
さくらと笹をそろえて入れたり、人生で初めて業務用のラップしたりしました。



単純なようで見栄え良く入れたり、1枚ずつ拭いたりする作業は、スーパーで陳列
されている野菜だけを見ていてはわからないことだなと感じました。
また、山西さんは今まではしいたけを栽培していて、とても忙しい日々だったそう
ですが、彩を始めてからゆっくりご飯を食べることができたり、葉っぱは軽いので
重労働ではないことが、とても毎日楽しいとおっしゃていたことが印象的でした。

12時前に出荷のためお父さんの運転する車で農協に行きました。



お昼ご飯を食べた後、午後からは葉っぱの出荷作業はなかったので、ジャガイモ
を植えるため畑仕事をしました。
12月に生まれたばかりという子犬3匹と一緒に、畑に肥料をまいたり、耕したり
ジャガイモを植える準備を整えました。



15時からはワークショップ。
地域活性化について考えるという内容でしたが、人によって本当に色んな考え方を
持っているんだなと改めて思ったし、地域活性化って難しいなあと、さらに考える
きっかけになりました。



今日は山西さんからいただいた、菜の花と大根を夜ご飯に食べて、明日もたくさん
色んなことを吸収します。



インターン初日!2016/03/24(木)
こんにちは!
鹿児島出身、久留米大学法学部1年生の曽田です。



今日、インターンシップの初日を迎えました!

車窓から見える景色が、普段の生活では味わうことはない自然のスケールで、
その大きさにただ圧倒されました。
いつもとは異なる環境で多くのことを吸収していきたいと思います!



そんな中始まった最初のオリエンテーションで、上勝町の取り組みや目標・実績
具体的な農家さんの活動の様子などを知ることができました!
農家さんの映像を見ていて、とても生き生きとしていらっしゃるなと感じました。



横石社長の講演会ではいくつか心に残る言葉がありました。
その中でも特に印象に残っているのは「いいこと」と「やれること」を区別する
ということです。



この言葉は、まさに自分のことを言われているようでとてもびっくりしました。
自分は大学に入ってからいわゆる「いいこと」を優先してしまっていて自己満足に
なっていました。

今後の生活に役立てていきます!



上勝の笑顔2016/03/10(木)
こんにちは!
東京農業大学国際食糧学部四年生の川崎です!



振り返ると沢山の方々に出会い、あっという間の一週間でした。

上勝町のことや葉っぱビジネスのこと、上勝町へ来て自分達で新し
いことを始めている方々がいることなど、色々知ることができ、さ
らに上勝町に対して興味が湧きました。

実際に彩農家の方々ともお話を聞いたり、作業を一緒にすることに
よって、どのような思いで取り組まれているか知ることができてよ
かったです。



一番印象に残っているのは上勝町の皆さんの笑顔≠ナす。

私も常に笑顔で、やりたいことをやりがいを持って取り組みたいと
思いました。
そして誰でも輝ける舞台があるのだという横石社長のお言葉を忘れ
ず、自分の長所・短所を意識し、自分の舞台を探していこうと思い
ました。
そして自分の周りの人の長所も沢山見つけられる人になりたいです。

これからも色々な形で上勝町と繋がっていきたいです。
上勝町の皆さん本当にありがとうございました!!





年に一度の町内一斉清掃2016/03/10(木)
こんにちは!
東京生まれ東京育ち、東京理科大学大学院の中島です!

今日は年に一度の町内一斉清掃。
たった一週間のインターンシップ期間中に、年に一度の町内清掃の日が重なる
という奇跡です。
曇り空でしたが、小雨決行ということで、8:00から町内清掃がはじまりました。

やってきたのはガードレールの奥にある、急斜面の雑木林!
木や草に覆われた傾斜のある土壌を降りて、少しぬかるんだ土の中から埋もれた
空き缶や瓶などを拾います。




どんどんと下っていくと、不法投棄されている古いテレビやストーブなどを発見!
これらの大きなごみはロープで引き揚げます。





集めた大量のごみは、ゴミステーションで分別します。
分別して、資源として再利用できるアルミ缶などは、水できれいに洗って土を
落とします。
ゴミの種類も多く、それぞれに必要な処理は変わってくるのですが、とにかく
みなさん非常に手際が良く、全員がてきぱきと仕事にとりかかって分別をして
いました。




年々、町内一斉清掃にかかる時間も短くなっていっているそうです。
つらいときでも楽しんで働く上勝町の方々の力を感じました。



午後は、一週間の振り返りとして、いろどりインターンシップで学んだことを
どう今後に活かしていくかを考えました。
たまたま読んでいた本に紹介されていた上勝町をホームページで調べて、イン
ターンを知り、まずはやってみようの気持ちでご参加くださいと書いてあるが
ままにエントリーをしたのですが、このインターンシップに参加することで上
勝町とのつながりができたことを嬉しく思います。

これからは、田舎と言えば上勝町を想像するようになるし、そこで出会った人
のことを思い出すことになります。

横石社長が「どんな人でも主人公になれる」とお話されていたとおりに、出会
った人それぞれが異なる領域で活躍されていました。

私も自分が活躍できる場所をこれから始まる社会人生活の中で見つけていける
よう、努力していきます。



開拓〜ヤッホー2016/03/10(木)
こんにちは!
大分出身、早稲田大学政治経済学部二年生の田島です!

今日は樫原集落にあるそば屋さん「あさかげ亭」の周辺整備のお手伝いをさせ
ていただきました。



私の役目は小さな荒地を開墾すること。
しかし、今回は耕運機なしで鍬とスコップを使った手作業でした。
昨日の疲労と筋肉痛が取れていなかったので、最初はやり遂げられるかとても
不安でしたが、作業が終わる午後3時に耕し切れました。
自分の力でやりとげる達成感を味わうことができて嬉しかったです。
また、あさかげ亭のご主人の元木さんが、ご自分の夢を1歩ずつ現実のものに
されている姿勢に感銘を受けました。



今回私たちが整備した場所が新しい場所に生まれ変わった時にまたあさかげ亭
を訪れたいです。



あさかげ亭を出たあとは、生まれて初めてやまびこを体験しました。
わたしが育った地域も決して都会とは言えない場所でしたが、やまびこを教え
てくれる人はいなかったので、とても新鮮でした。



わたしを含めみんな最初は少しためらいがちでしたが、大声を出したりホラ貝
を吹いてみたりするうちに肩の力が抜けました。
やまびこがきれいに響いたときや、出来ないと思っていたホラ貝吹きが成功し
たときは嬉しかったです。
大人から子供まで楽しめる山の遊びを満喫した2時間でした。



開拓〜ワークショップ〜塾2016/03/10(木)
こんにちは!
名古屋から来ました、名城大学農学部二年生の佐藤です!

今日はインターンシップ4日目です!

今日は朝から鰹繽汪J拓団さんのもとで開拓作業をさせていただきました。
主に獣よけのネットの取り外し、薪割りを行い、薪割りは今回が初めてだった
のですが、絵に描いていた様にうまくはいかず、とても大変な作業でした。



全身の筋肉をフル活用したので明日の朝起きるのがとても怖いです…(笑)

またお昼には皆さんと一緒にかまどでカレー作りをしました!
辛口でしたがとてもおいしかったです!



16時からは2つのグループに分かれてワークショップを行いました。



地域活性化をしていない地域はどのような状況なのか、また地域活性化をして
いる地域はどのような状況であるかをグループごとで意見を出し合い、他のグル
ープと発表しあったりしました。
様々な意見があり、自分と違う考え方や思ってなかった考え方も沢山でとても
いい勉強になりました。



19時からはCafe polestarさんで毎週金曜日に開かれているCafe de 塾で地元の
小学生の学習指導を行いました。
上勝町の子どもたちは今日見た限りではみんな勉強熱心だなと感じました。
また店主さんも東京からの移住者ということもあり、移住してみて不便だな、
逆によかったなと思うところはありますか?と質問したところ、
「思ったほど不便ではないけど、娯楽の面では不便なとこも少々あるかな。
よかったと思うことは自分がやりたい仕事を自分でコントロールしてできるこ
とがすごくいい。」と話してくださいました。

上勝町の出会った皆さんは、自分がやって楽しいと思う仕事をやられていると
いうのがとても印象的でした。
今日はとても充実した1日で、明日も作業がありますが頑張ります。



鍋パーティー!2016/03/10(木)
こんにちは!
徳島出身、香川大学農学部二年生の石川です!

今日も昨日に引き続き、彩農家さんのお宅で研修がありました。
作業も少し手慣れてきて、次自分は何をしたらよいかわかってきました。
戦力になれたかな…?

今日は葉っぱの扱い方を教わるだけでなく、農家さんと多く会話できました。
いろんな話ができてとっても楽しかったです。

今日で彩農家さんのお宅での研修は最後です。
研修期間は本当にあっという間で、もっと彩をしていたい!と思いました。
本インターンでは彩の研修はもうありませんが、また違う機会にお尋ねしたい
と思います!

そして、夜はインターン生7人で農家さんから頂いたお野菜で鍋パーティーを
しました!



インターンは3日目ですが、なかなか交流する機会がなかったので、親睦が
深まってよかったです。
明日からより活動が楽しくなりそうです!



農家さんと社長2016/03/10(木)
こんにちは!
鎌倉出身、日本大学生物資源科学部一年生のさわべっちです!

今日は彩農家の西口さんのお宅での作業と、鰍「ろどりの横石社長の講義の2
本立てでした。



彩の葉っぱの選別は意外にもちゃんとした基準があり、商品として成り立たせ
るには様々な段階が必要なんだと改めて確認しました。
また作業中には、西口さんの旦那様と上勝町について雑談もまじえながらお話
をさせていただき、19歳の若者でよそ者にもやさしく接していただきました。
休憩時に生姜湯とお茶菓子を出してくださり、心がほっとするような味がして、
自然の中での時間は格別だなと思いました。



16:30からはいろどりの会社にお邪魔し、横石社長の講義を受けました。



横石社長のことは本などで少し知っていたのですが、実際にお会いしてみると
本当にすごい人だなと思いました。
何といってもご本人の足で稼いだ生の情報を持っていらっしゃるし、それに
よる信頼もあるし、現在の日本の農業に必要とされる「ビジネスとして農業を
みる」視点を持っていらっしゃるし、それを回す仕組みもできている。
もう出したらきりがないくらいすごいです 笑

横石社長が総理大臣になったら日本が変わると思いました 笑
まあ社長のお話を聞いている限り、あまり政治に興味は持たれていなさそうな
ので、その線は残念ながら薄いですが 笑

個人的には横石社長みたいな人間になりたいと思ったので、
追いつけ追い越せの勢いでもっともっと成長したいです。



インターン開始!2016/03/10(木)
こんにちは!
名古屋出身、愛知大学地域政策学部一年生のGJ(ジージェイ)です!



今日から、待ちに待ったいろどりインターンシップが始まりました。
上勝町に来てまず驚いたのは、町そのものが山の中にあることです。
今まで全国いろんな所に研修に行きましたが、山の中に町がある田
舎は今回が初めてです。
失礼だとは思いますが、こんな超がつくほどのド田舎でどうして住
む方の笑顔が絶えないのか不思議で仕方ありません。

今回は、そんな不思議な町で一ヶ月間研修させていただきます。
これからの毎日で何が待っているのか楽しみで仕方がありません。
どうして葉っぱを売るビジネスで、今も上勝町が全国の妻物のシェ
ア8割維持し続けているのか?
高齢者が高齢者を介護する時代の中で、どうして80歳を超える高齢
者が一人の生産者として戦うことが出来るのか?
どうして上勝町には若者をはじめとする起業家が集まるのか?
閉鎖的な田舎も多い中で、どうして上勝町は良好なコミュニティを
築けるのか?

知りたいことが他にもたくさんあって、この一ヶ月でどこまで上勝
町について学べるかはわかりませんが、自分の出来る最善のことを
尽くせるように気を引き締めて頑張ります!

さぁ明日は、記念すべき彩農家研修1回目!
足を引っ張らないように頑張りまっせ!



来てよかった上勝町!2016/02/26(金)
今日は上勝町で活動する最後の日。
もうすぐインターンが終わってしまう寂しさを抱きつつ、
研修に励みました!

午前中は彩農家さんのお宅で研修を受けさせていただきました!
今回のお宅は、田村さん。80歳後半のご夫婦で彩をされています。

耳が少し遠いおとうさんとお身体が不自由なおかあさんは、それぞれ
ハンデを持ちながらもいろどりを続けていらっしゃいます。
田村さんのお宅は100件以上ある彩農家の中でも出荷量が多い方だ
そうです!



「何事にもチャレンジして進歩させとるけん」と話すおとうさんは、
毎年いろどり畑の改良を進めていらっしゃいます。
ハウスで青もみじを育てたり、南天のハウス栽培にとりかかったり…
年齢やハンデを感じさせないおとうさんのパワフルさに圧倒された
3時間でした!!





午後からは、昨日から楽しみにしていたヤッホー講座。
昨日のBar IRORI 3周年記念イベントにてお話しさせていただいた
ヤッホーのカリスマこと武市さん。
上勝町のダム周辺をドライブしながら、ヤッホーポイントを教えて
いただきました!

ヤッホーは絵本などでしか見たことがない私は大きな声を出すのが
恥ずかしいと思っていましたが、いざ声を出してみると本当に気持
ちがいい!!!!

みんなで口に手を当てて「ヤッホー――」と叫ぶ瞬間は気分爽快、
ストレス発散になりました。
そしカリスマが教えてくれたもう一つの遊ぶは、ほら貝。
ほら貝を見ることこそ絵本でしかなかったのですが、これもやって
みると気持ちがいい!!



中学生の時に吹奏楽部で金管楽器をやっていた成果か、ほら貝から
とっても透き通った音を出すことが出来、とっても嬉しかったです。
インターン生とカリスマで一斉にダム湖の方向を見てほら貝を吹く
瞬間は、上勝町に来たからこそ体験できる自然の遊び。
思いぞんぶん楽しむことが出来ました!!

今日でインターンシップの主な活動は終了となりました。
葉っぱビジネスを始め、ごみステーションや移住者との交流、上勝
町の自然など沢山のことが体験できた一週間。
「まちづくりをしたい」「地元を活性化したい」という想いはより
一層強くなりましたが、「上勝町っていいところだな」という発見
も同じくらい大きな気付きでした。

葉っぱが輝き、人も輝く上勝町。
その生活に少しでもふれることでその魅力を十分に満喫することが
出来ました!!
またいつか、上勝町に来たい。また皆さんに会いたい。という気持
ちがむくむく湧いてきています。

本当に来てよかった!!ありがとう上勝町!!!




地元ワークショップ2016/02/26(金)
午前中の地元ワークショップでは、自分の地元の特徴と課題を示し、
それについての対策などの考えを発表しました。



実は前日くたくたですぐに寝てしまったため、朝6時から1時間ちょ
っとでプレゼン資料を作るという暴挙に出てしまったのですが、
なんとか発表することができました。

僕は熊本県の八代市というところの出身なのですが、自分の地元で
ある八代についてあまり知らないということが分かりました。
特産品などは知っているのですが、八代市が抱えている課題にどん
なものがあるのかなどは知らないことだらけでした。




↑お昼はみんなでかまどでカレー作り!@上勝開拓団


他の人達の発表を聞いて感じたことは、都会と田舎のトレードオフ
をうまい具合にできないかということです。
都会には都会の良さ、田舎には田舎の良さがあります。
それをいかに上手に組み合わせるかが重要であると感じました。





↑発表後は夜の宴会に向けて準備!


Bar IRORIの3周年記念パーティーでは、たくさんの上勝の方々と
お話をしました。
その中でも特に印象に残っているのが、今春から山口で働く男性です。
彼からは若者の目線から見た上勝の話を聞きました。

これまで彩農家さんで、年配の方々からのお話は伺っていましたが、
若者とは話していなかったため貴重な話を聞くことができました。

やはり若者にとっては上勝は暮らしにくいらしく、不満は少なから
ずあるようです。
自分が将来まちづくりに携わるならば、こう
いった少数派の意見も十分に取り入れていかなければならないと感
じました。




ゼロウェイスト2016/02/26(金)
今日は農家さんのところへ伺う前に日比ヶ谷ゴミステーションを
見学しました。



私が現在住んでいるところでは主に燃えるごみとプラごみに分け、
決められた日に出せば収集車が持って行ってくれます。
これが当たり前と思っていましたが、上勝町では、自分でごみを
このゴミステーションに持ち込み、34種類に分けなければなりません。



私は初日、2日目に出たごみを実際に分別してみました。
たった2日間のごみを分別するだけでも大変でした。
これが毎日続くとなるとかなりの苦労を要すと思いますが、ごみは
きちんと分別して然るべきだし、地球環境のことを考えるとよい取
り組みだと感じました。

ゴミステーションにはくるくるショップという町民が要らなくなっ
たけど、まだ使えるものを持ち込むスペースが併設されています。
そこには、食器をはじめ、衣服から雑貨までありとあらゆるものが
持ち込まれていました。
ここにはクラシックギターも持ち込まれていたという話も聞いたので、
私も掘り出し物を探してみようと思いました。


居場所と出番2016/02/26(金)
彩農家さんの研修は今日が3回目でしたが、3軒とも個性的でとて
も面白かったです。

今日はそれほど忙しくなかったそうですが、11時半〜12時までの出
荷前の時間には受入農家の高尾さんが集中モードに切り替わってい
ました。



少し慌ただしく農協に行くと、インターンシップ2.3日目にお世話
になった農家の方に再会することができました。

それぞれ農業に対する思いやこだわりが異なりますが、3軒とも農
業に対して消極的な言葉は一切なく、楽しさが伝わってきました。



たった1日や半日で、農業の楽しさ、厳しさはわからないことかも
しれません。
ですが、「儲からないからやらないほうがいい」「農村での生活は
苦労するからやめた方がいい」といった言葉をこのインターンシッ
プ期間中は聞くことがありませんでした。

上勝町民全員がここでの暮らしに満足しているわけではないと思い
ますが、今回のインターンシップで出会った人々からは、この地域
の面白さや素晴らしさを学ぶことが多かったと思います。


萱刈り2016/02/26(金)
今日は、「あさかげ亭」の元木さんのところで実習させていただきました。
元木さんは、徳島県内で料理屋さんをされていたそうですが、
今は息子さんにお店をまかせ、上勝に移住されてきたそうです。

あさかげ亭は、上勝町の中でもさらに山間部にある樫原という集落
にあるお店です。
あさかげ亭からは、日本の棚田百選にもなっている樫原の棚田が一
望できます。

午前中は、あさかげ亭の裏の山の整備をしました。



初日に横石社長が、”杉林は見栄えもも悪いし、ええことな
い!”とおっしゃっていました。
わたしは、普通に杉林でも問題ないら〜と呑気に構えていたのですが、
実際に山の中に入ってみると、杉林の見た目は悪く、これは手入れ
しないといけないなと感じました。

わたしは、段々になっている斜面で上で刈ってくれたかやを下にお
ろす作業をしました。
防寒ばっちりでいったのですが、夢中になっているうちにたくさん
の汗をかいていました。

お昼ごはんには、元木さんにしし肉のすきやきとあめごの塩焼きな
どをごちそうしていただきました。



とても美味しかったです。ありがとうございました。

元木さんは、あさかげ亭のまわりの山をつつじやあじさい、もみじ
などを植えていろどりの山にすることが目標だそうです。
さらに、山の一部をつかってカフェをひらくことも目指しているそうです。
ぜひぜひ、カフェがオープンしたらまた来ます。





その後は、地域活性化とは、というテーマをもとにワークショップ
をおこなったり、いろどり社員の谷さんに講話をいただきました。



ワークショップでは、地域活性化において、そこに住んでいる住民
の意識が最も大切なのではないか、という結論にいたりました。
お互いに意見を出し合ってわたしのなかで地域を見る視野がとても
広がりました。

明日は、上勝開拓団さんのところで実習です。
明日もがんばります!


大学生インターン2016/02/26(金)
2・3月は大学生の春休み期間ということで、
今週から大学生インターンの受入が始まっています。

恒例のブログで活動の様子をお伝えしていきたいと思います〜!

******************************

このインターシッップで初めて徳島県、上勝町に来ました。
地元とは大きく異なる環境に、学びたいことが沢山あると感じました。
上勝町は多くのメディアで取り上げられていて、一度は行ってみた
いと考えていたので、今回インターシップに参加することが出来て
とてもうれしく思います。

今回講義をしていただいた横石社長は、私がメディア等を通じて
イメージしていた人柄、考えとは大きく違っていて驚きました。
実際に横石社長にお会いし、お話を聞かなければ横石社長を単なる
成功者、上勝町をいろどり事業によって成功したモデルとしか見る
ことが出来ませんでした。



このインターシップでは上勝町の仕組みや取り組みの表面的なこと
だけでなく、横石社長がおっしゃていたように、ここでしか学べな
いことを体験したいと思います。


旅する上勝カフェ≠りがとうございました!2016/02/17(水)
2月7日に東京・下北沢で開催した『旅する上勝カフェ』



寒さ厳しい中、会場は駅から少し距離があり、
果たして人は来てくれるのか…不安とともにスタートしました。





しかし、予想に反して!











開始とともに会場はたくさんの人で賑わいました〜!





まず始めに盛り上げてくれたのは、
プロ阿波踊り集団の「寶船(たからぶね)」さん!



カッコイイ踊りと巧みかつアツいトークで
観客の心をがっちりキャッチしてくれました♪







お次は「輝くおばあちゃん!葉っぱビジネスの秘密」ということで、
上勝町から現役彩農家の西蔭さんにお越し頂き、
「100歳になっても現役で彩がしたい!」という
葉っぱのお仕事の魅力を語って頂きました!





その間、少し離れた別会場の特産品販売コーナーも大盛況!





上勝町から持っていったおいしいもの、
ちょっと変わったものが飛ぶように売れていきました!

お買い上げくださったみなさま、ありがとうございました!





2階では上勝町の郷土料理やデザートを提供したのですが、
11時のオープンから18時の閉店まで一度も人が途切れることがなく、
インターンスタッフはみんなてんてこまい!

あまりの忙しさに写真もないので、代わりといってはなんですが…



インターンスタッフが手間暇かけて作ってくれた上勝アルバムや
メニュー表が卓上を彩ってくれました〜♪







さて、ステージに戻って次のプログラムは
「さらわれた東京人 山奥でいま何を!?」

ということで、昨年5月に「鰹繽汪J拓団」を立ち上げた
代表の仁木さんと社員の菅原さんが登場!

なぜ東京から上勝にやってきたのか?
山奥でどんな仕事をしているのか?

田舎で会社をやることの意味や生活の楽しさをリアルに語って頂きました。







続いて、「ヤマビコミュージックフェスティバルin下北沢」!
上勝の山深い古民家で開催されている音楽フェスを下北沢に持ってきちゃいました♪

だれでも歌えるし、楽器初心者だって大歓迎♪
ステージに立てることの喜びを感じられるひとときでした。





15時頃からのスペシャルゲストトーク「攻める田舎が未来をつくる」では、
島根県海士町「鰹рフ環」代表の阿部裕志さんと、
上勝町「NPO法人 ゼロ・ウェイストアカデミー」
理事長の坂野晶さんに登場して頂きました!



お二人とも若いながらも、田舎が抱える課題に対して
前向きにチャレンジを続けていらっしゃる移住者です。
飾らない等身大のお話にお客さんも真摯に耳を傾けられていました。

坂野さん提案のコタツ×鯉のぼりちゃんちゃんこが
とても目立っていました(笑)





最終プログラムの福引大会の前には
「上勝町に魅せられた若者たちのトーク」ということで、
上勝町のインターン卒業生であり、本イベントのスタッフでもある
インターン生5名に登場してもらい、上勝の魅力を語ってもらいました。





今回のイベントを通してもっとも強く感じたのは、
インターン卒業生が上勝町を応援してくれることのありがたさ。

11月にイベントを企画して、2月7日当日まで、卒業生のみなさんの協力がなければ、
とてもこのような大規模なイベントを東京で開催することはできませんでした。

中にはインターンが終わってから4年以上以上経っている方や、
一週間しか上勝町に滞在できなかった方もいます。

今回のイベントは「人さらい」をテーマに、上勝町に興味を持ってもらい、
まずは一回上勝町に行ってみたいと思ってもらうのが目的でした。

「人さらい」はなかなか並大抵ではありませんが、
上勝町のような小さな町が存続していくために、
上勝の外から町を応援してくれる人たちとのつながりを
これからももっともっと大切にしていきたいと感じました!





↑イベント終了後の打ち上げにて。寶船さんも参加してくれました!





今回のイベントを応援してくださったみなさま、
お越しくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました!!!

旅する上勝カフェはこれからも場所を変えながら全国を舞台に展開していきます。

あなたの町に上勝町がやってくるのはそう遠くないかも!?
それでは次回をお楽しみに!



お世話になりました。2016/02/08(月)
昨日の下北沢一番街商店街での『旅するカフェ』では
多くの方にご協力いただきましたこと、あつくお礼
申し上げます。

たくさんの特産品をお買い上げくださり
ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いします。


2/7 下北沢で♪2016/02/07(日)
毎年恒例の東京イベント。
今年の舞台は若者の町下北沢





600名を超えるインターン卒業生との協力により、
事前準備から告知・集客、当日の運営までを行います。
イベント当日は上勝町の特産品の販売、ステージイベント、
上勝町在住者と情報交換ができるカフェスペースなどを提供し、
スタッフが一丸となって、下北沢に「上勝町の雰囲気をまるごと再現」!

上勝町を日本一楽しい町にするための仲間を探しにいきます。
ぜひお気軽にお立ち寄りください〜♪






(※クリックすると画像が大きくなります。)



―イベント概要―

日時:2月7日(日)11時〜18時

場所:下北沢一番街商店街
  (屋内会場―下北沢一番街商店街振興組合事務所
   屋外会場―i Park East&West)

内容:屋内会場―上勝カフェ(郷土料理やデザートを楽しみながら
   上勝町在住者とお話しする)、上勝町特産品の販売、上勝町
   写真パネル展示など
   屋外会場―創作舞踊集団『寶船』の公演、ヤマビコミュージ
   ックフェスティバルin下北沢、葉っぱ農家のおばあちゃんト
   ーク、大福引大会など

主催:株式会社いろどり
共催:株式会社上勝開拓団
備考:会場は出入り自由のオープンスペースなので、参加申込や参加費は不要


●旅する上勝カフェ フェイスブックページ
https://www.facebook.com/tabisurukamikatsu/



2/7は下北沢で♪2016/01/16(土)
2/7(日)に下北沢で行う当社主催のイベント
『旅する上勝カフェ@下北沢2016』のPR動画が完成しました!





上勝町の楽しさが伝わるスバラシイ作品になっています。
どうぞご覧ください♪

制作は鰹繽汪J拓団⇒http://kaitakudan.net/

☆『旅する上勝カフェ』の詳細情報はコチラ!
 ⇒https://www.facebook.com/tabisurukamikatsu/



キラキラ農家さん☆彡2016/01/05(火)
明けましておめでとうござます。

先日、今年最後のインターン生を受け入れ、無事送り出しました。
活動中の様子を記事にしてくれたので下記ご覧ください。

昨年は、たくさんの学生さんや社会人の方がいろどりインターンに参加してくれました。
上勝に残った方とも帰っていった方ともずっと応援し合える関係を続けていければと思います。
参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました。

今年も多くの方のご参加をお待ちしております!

*********************************

こんにちは。
大阪から参加しました、大学2年生の松下桃子と申します。

今回、私は彩農家さん最大の繁忙期である
12月23日〜12月29日に上勝町へとお邪魔させてもらいました。

突然ですが!!!
『上勝町の彩(いろどり)事業…』
どこかで聞いたことのある人が多いのではないかと思います。

実は、私もその1人でした。
以前、大学で彩事業について学んだことがありました。
DVDを見たのですが、彩農家さんたちが家の周辺に落ちている
葉っぱを集めて、包装して売っている…
葉っぱという家の周辺にあるものを商品にして、
年配の方が働ける事業ってすごいな〜、単にそんな風に思っていました。

しかし今回実際に彩農家さんのお手伝いに行ってみると...
それはもう戦争状態でした。



注文取りから、葉っぱの選別、美しく見えるよう1つ1つをきれいに包装するなど、
出荷するまでには想像以上に多くの工程が存在していました。
それをみんなで分担し、協力しながら1ケース1ケースを完成させる
農家さんたちの働きは、バリバリのキャリアウーマンさながらでした。
(今回出会った方々は女性の方が中心でした。)
とても元気で、スピーディーに動く姿を見て、
「私も頑張らなくては!」と思わされました。

また沢山の注文を受けながらも、
「今日はええ日や!ええ日や!私はみんなに恵まれてるわ!」
と笑いながら、楽しそうに仕事をする農家さんたちの姿はとても印象的でした。



1週間という短い期間ではありましたが、町の方から上勝町について
様々なお話を聞かせてもらったり、たこやきパーティーをしたり、
みかんやケーキを頂くなど、とても優しくて魅力的な町の方々と交流でき、
とても楽しかったです!

ぜひ、多くに方に1度は訪ねてもらいたい町だな。と思いました。



また上勝に帰っておいで。2015/12/31(木)
今日は、大晦日です。
インターンで多くの人とのつながりができた一年でした。
人のご縁とは、不思議なものです。

『インターンに参加して良かった』と
多くの参加者からお声かけしていただきました。

『また上勝に帰っておいで・・・』
インターン生を受け入れしている
おばあちゃん達の言葉。

第二のふるさと上勝町へ。





たくさんの方の参加に感謝!!2015/12/30(水)
今年一年間、たくさんの方がインターンに
参加してくださりありがとうございました。

上勝へのインターン参加が人生を変えるきっかけになったと
いう方もあったり、町へ定住された方もあります。

来年度も、引き続き受付してまいりますので、
よろしくお願いします。

それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

上勝版・仕事の流儀2015/11/27(金)
こんにちは
静岡の大学から来ました、植月孝太朗と申します

今日でインターン4日目
いままで3件の農家さんにお邪魔してきました

どこの農家さんもそれぞれ違う特徴があって、毎日新鮮な体験の連続でした


1件目の農家さんは、上勝町のアイドル西蔭さんちにお邪魔しました!

とってもチャーミングな方で話をしながら何度も笑わせてもらいました

西蔭さんちには毎日いろんな人が視察や取材などで来るそうで、本当に有名人でした

今回は柚子の収穫をお手伝い



今が人生で1番幸せ!
とおっしゃられてたのがもっとも印象的でした
僕自身ないものねだりばかりですが、西蔭さんを見てると
今ある環境を前向きに受け入れる方が幸せな生き方だなと感じました


2軒目の農家さんは、養鶏をご夫婦でされてきた伊井さんです

柚子の収穫のお手伝いだったのですが、
この日はめちゃくちゃ寒く、寒さに震えながら
収穫しているとベストとホッカイロを付けてくださいました
ありがたい…



井伊さんはお金が無ければ自分で作ればいいじゃないというスタンスで、
車庫から養鶏場まで、できるところはご自分で全部作られたそうです

お金が無くても自分のできることを増やすことで、
生活を豊かにすることもできるんだと実感しました

とっても温かいご夫婦に囲まれ幸せな時間でした


3軒目の農家さんは彩を専業でされている、高尾さん

忙しいのかなという予想に反して、とっても賑やかで楽しい作業現場
高尾さんは楽しく!をモットーに仕事をされているそうです

「この仕事が楽しいんよ、時間があっという間に過ぎるわ」
そうお手伝いの方も言われるように、
集まってみんなで楽しいことしてるって風な感覚でした





就活を前にした僕としては働き方を考えさせられました
なにを目的に仕事をするのか、それだけで
働き方や仕事の満足度が全然変わるんだなと思いました


ここまでインターン半分きましたが、
すごく密度の濃い時間を過ごさせていただきました
いろんな農家さんの生き方や働き方を見て、
普段大学では学べないことをたくさん教わったような気がします


残り半分も楽しみです!




最初のページです  /  次の50件を表示
戻る
▲このページの先頭に戻る  
 
              
© 2009 株式会社いろどり
powered by bizan.com