葉っぱの町 上勝町 いろどり

今日のいろどり一覧

戻る
  表示: 並び:
全2095件が見つかりました 1〜50件目を表示しています
Page: 先頭 <前 次> 最後
にぎわってきた鮎漁!!New!2019/06/18(火)
おはようございます。
15日が地元勝浦川鮎漁解禁日でしたが大雨警報が出るほどすごい雨となり釣りファンにとっては、残念な結果となりました。

ここ数日天気も回復して、水嵩も減りやっと鮎釣りに来られる方が増えてきました。

会社のすぐ近くの月ケ谷温泉入口付近では、朝からたくさんの釣りファンでにぎわっています。

鮎料理には、あしらいにササを使うので、じわりじわりとササの注文が増えてきています。

ゆこうの機能性発見!!New!2019/06/17(月)
今朝の徳島新聞一面に掲載されている「ゆこう」の機能性。
新たな発見に期待がかかります。
詳しくはHPで

まだまだ知られていないこと。価値があることなど埋もれた素材がたくさんあります。

ゆこうもそのひとつで、あまり知られていない商品でした。ところが機能性を調べてみたら驚きの事実があきらかに・・・。

こんなすごい発見があったとは・・・。
特に口腔内環境を整えることは、新たな価値を生んでいきます。
今後の展開が楽しみですね。

人気のほう葉!!New!2019/06/16(日)

豊洲市場でたくさん並ぶほう葉。
葉っぱの中でもっとも大きなのが、ほうの葉っぱ。
引き合い強くたくさんの方にご利用いただいています。

食材を包むのに最適の商品。ほう葉焼きにも使われます。
ボリューム感あふれる演出に最適です。


鮎漁解禁が大雨で・・・New!2019/06/15(土)
6月15日は、地元勝浦川の鮎漁の解禁日です。
例年ならたくさんの方が釣りをして楽しむ一日となります。
下記は、昨年の写真です。


ところが今年は、なんと大雨警報が出て川が増水。
釣りどころではないほどに水かさが増えました。

楽しみにしていた方にとっては、数日間お預けとなってしまいましたねぇぇーー。
今日の増水の様子です。これでは駄目ですよね・・・


山犬嶽New!2019/06/14(金)

みなさん上勝町にある山犬嶽ってご存じですか。
上勝町のほぼ中央に聳え、高丸山東方約5Km、
S字形に東方へ延びる尾根上に位置しています。。
頂上に早雲神社のあることから雲早山ともいわれ、
頂上近くに大師堂のあることから大師山とも呼ばれています。

山名の由来は、元禄14年に大崩壊があり、山頂の岩石が山犬の牙をむいた形状に似たところからついたと言い伝えられており、山中には苔の群生が見られます。まさに神秘的な場所ともいわれているところでもあります。


美しい棚田に心癒される!!New!2019/06/12(水)
上勝町にある樫原の棚田。
この時期ならではの美しい景色です。

見事な景観に心が癒されます。

有楽町マルシェ2019/06/09(日)
今日6月9日(日曜日)
有楽町駅前の交通会館マルシェで上勝の特産品の販売をします。
商品をしっかり揃えての登場です。
上勝と県内の特産品を品揃えしています。
本日は、代表の横石が店頭に立ち販売します。

◎しいたけ◎ぽん酢◎梅干し◎晩茶など。
ぜひみなさんお近くに来られたらお立ち寄りください。
有楽町交通会館マルシェ詳しくはHPで

ディスカバー農山漁村の宝サミット開催!!2019/06/05(水)
6月7日(金曜日)13時30分からディスカバー農山漁村の宝サミットが開催されます。

弊社の代表横石が、有識者懇談会委員として参加します。
たくさんの方の参加をお待ちしています。

名 称:「ディスカバー農山漁村の宝サミット」
日 時:令和元年6月7日(金)14:00〜16:30
会 場:東京ミッドタウン・ホールA
住所 東京都港区赤坂9-7-2 アクセス
入場料:無料(事前登録制)登録はこちら

詳しくはHPで

8日(土曜日)・9日(日曜日)は、ディスカバー農山漁村サミットの方々が有楽町のマルシェに出られますが、弊社も代表横石が鰍「ろどりとして2日間出て店頭販売します。
詳しくはHPで



山犬嶽2019/06/04(火)
苔が群生する山犬嶽。

すばらしい景観ですね。

6月を彩る!!2019/06/03(月)
葉っぱが実際にどう使われているのか・・・。
いつも学んで農家さんに伝えています。

今回は、イタリアンシェフの6月の料理。

美味しさ、美しさ、季節感に感動です。



水無月2019/06/01(土)
今日から六月です。六月は、水無月。
「水の月」である。田植が終わって田んぼに水を張る必要のある
月「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」という説もあります。

上勝の棚田のたんぼも水を張っています。
梅雨入りの季節でもあり、見事な景観が見えますよ。

葉わさびで彩る!!2019/05/30(木)
連日メディアで放送される葉わさび。
和食でも・・・

まさに最高の舞台で使っていただいていることに感謝です。
洋食でも・・・


昨日の番組を観られて・・2019/05/27(月)
おはようございます。
昨日13時50分からNHK総合テレビ「あの日、あの時、あの番組」が放送されました。

全国でたくさんの方々が観られていたようで、反響が大きかったことに驚いています。

世界に例を見ない超高齢化社会が進んでいる中、これから何をしていかなければいけないのかが問われています。

人の幸せとは、何かを考えさせられる番組でした。そして地方の在り方も・・・。

上勝町では、これからも令和の時代に真摯に向き合い課題解決に向けて取り組んで参りますので、ご指導、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

魅力ある南天葉!!2019/05/26(日)
南天の葉っぱも新葉となり緑色あざやかとなっています。

お祝いや行事に欠かせないのが、南天の葉っぱ。
南天の葉っぱは、昔から伝わる縁起物。

 南天は、難転〜難を転じて福となす〜に通じることから、縁起木として愛されてきました。南天を庭に植えれば火災を避けられる。江戸時代にはどこの家にも南天が「火災よけ」として植えられるようになり、さらには「悪魔よけ」として玄関前にも植えられています。
 お祝い事にお赤飯が出されますが必ず南天の葉っぱが添えられています。赤い色は厄除けの力があると信じられ、江戸後期から慶事に用いるようになりました。
 当時は病気が全快した時には「難を転じて」助かった幸運の印として南天の葉を表向きに添え、逆の場合は葉を裏向きにして不幸にならないようにと願いました。

 今もお祝い時にこの習慣が続いているのは、厄よけだけが理由ではありません。南天の葉には「ナンニジン」という成分が含まれており、お赤飯の熱と水分により「チアン水素」を発生させます。このチアン水素にお赤飯の腐敗を抑える作用があるのです。
 お赤飯に南天の葉。先人の知恵がつまった日本ならではの美しい習慣なのです。ほんまにびっくりぽんやな。

大雨が去った後のいろどり山!!2019/05/21(火)

昨夜は、大雨警報が出る程の大雨が降りました。

一夜明けて五月晴れの天気です。

いろどり山周辺は、木々が大きく成長していますよ。

新緑に包まれて・・・2019/05/20(月)
今日も朝から大雨の天気となりました。

新緑が眩しい季節です。
上勝の山々は、いろんな植物が植えられて見事な景観を映し出しています。
まさにいろとりどりな景色です。

まだまだがんばるでよ・・・。2019/05/15(水)
おはようございます。
五月晴れの天気です。

昨日は、彩部会の総会が行われ100名の生産者が集まりました。

取引先も6市場から担当者が来られて意見交換。
どの市場もどんどん作って出荷してきてよと・・・。

農家さんもまだまだやれるでよと・・・。
彩の挑戦は、続きます。

みなさん応援よろしくお願いします。

イタリアンで彩る2019/05/14(火)
徳島市内の有名なイタリアンレストラン。

上勝の葉わさび、都忘れが使われています。

まさに色とりどりで美しいですねぇぇーー。


シャガの花満開!!2019/05/13(月)
上勝の山林に自生しているシャガ。
満開となりました。

なんともいえない美しさですよねぇぇーー。
自然がもたらすすばらしい景観です。

新緑の季節へと。。。2019/05/12(日)
新緑が眩しい季節となりました。
上勝の山奥深いところでこんなに美しい新緑が楽しめます。


新緑の季節となりました。2019/05/08(水)
新緑の季節となりました。
山々の緑がまぶしいなぁぁーー。


ツツジの季節やな!!2019/05/07(火)
山あいでは、かわいらしいツツジがピンクの花を咲かせています。

ツツジのシーズン到来です。



ゴールデンウイークを終えて・・・2019/05/06(月)
今日でゴールデンウイークも終わります。
今年は、好天に恵まれてたくさんの方が上勝に上がってきてくれました。

温泉、キャンプ場、いろどり橋、いろどり山、産直市、町内のお店等は、
大賑わいとなりました。
ほんとうにありがとうございました。

またぜひ機会がありましたら、ぜひとも上勝に上がってきてください。

温泉前で元気に泳ぐ鯉のぼりも「またこいこい」と言ってくれているようですね・・・。


今日は、端午の節句。2019/05/05(日)
今日5月5日は、端午の節句です。
菖蒲の葉の形が刀に似ているので邪気を祓い、爽やかな香りがすることから、男子にとって縁起の良い植物とされ、軒につるしたり、枕の下に置いて寝る習慣があります。

日本では、奈良時代から端午の節句に使われはじめ、武士の時代になると菖蒲の読みが尚武や勝負に通じるので、根茎を風呂にいれ薬湯にし、菖蒲湯にしたり、漢方薬になっています。

また、根茎の成分に殺菌力があるので、菖蒲田は水を浄化し、周辺の気を清浄化します。

すごいパワーをもつ菖蒲。
今日は、ぜひとも菖蒲をご利用くださいね。

ゴールデンウイークは、上勝へ。2019/05/04(土)
ゴールデンウイークもうあと3日。
たくさんの方が上勝にあがってきてくれています。
いろどり橋も重なり新たな景観も生まれてきています。

上勝の鯉は、元気いっぱいです。



元気に泳ぐ鯉2019/05/02(木)
おはようございます。
今日は、天気も回復したくさんの方が上勝に上がってきてくれています。
月ケ谷温泉前で泳ぐ鯉も元気いっぱいです。

いろどり橋と重なる景色も絶景。
皆さんのお越しをお待ちしています。

令和元年2019/05/01(水)
おはようございます。
今日から元号がかわり令和。
新しい時代の幕開けです。

上勝農業も新しい時代の幕開けにふさわしく
万葉の心を大切にして参ります。

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

引き続きの応援、ご指導よろしくお願い致します。


ありがとう平成!!2019/04/30(火)
今日で平成が終わります。
上勝町の取り組みは、平成とともに歩んで参りました。
平成元年に朝日農業賞を受賞し町中が活気に溢れでいました。

こういった地域づくりは、長く続かないものですが、ありがたいことに
30年以上たった今でも町は、合併せずに元気です。

それは、地域づくりとは、経済の好循環で徹してきたことだと思います。そしてたくさんの方々が「上勝がんばれ!!」と応援してくださってきるから。。。

平成最後の日を迎えて改めて感謝の言葉で。。。
ありがとう平成!!

自然と向き合っていかな。。2019/04/17(水)
上勝町に来て40年になるが、ここ10年気になることがあった。
それは、自然災害の多さである。
台風、猛暑、地震が日本列島を次々と襲う時代となった。
今まで関心がなかった人も、いつ我が身かという不安を抱えている。

上勝町も山は、荒れ果て大雨が降ると一気に増水する。
このままでいいのだろうか・・・。
なんとかせねば・・・。
そこから生まれたのが彩山構想。
自然豊かな山に戻すこと。
やっている規模は小さいが、多くの人に気付いてもらいたい。

そこで生まれたのが、「木の布」。
一枚のタオルから山が甦る。
一枚、一枚積み重ねていかなければ・・・。






荒れた山を甦らせる。2019/04/14(日)
荒れた山をなんとかせなあかん・・・。
洪水、河川決壊、猪、鹿の害、花粉症、温暖化などまさに悪循環。

自然も人も生きていくことは役に立てること。

そんな好循環社会が必要だと思う。

その答えは、いろどり山にある・・・。

いろどり山に花が咲く!!2019/04/12(金)
上勝町に新しくできたいろどり山。
15種類の花や葉っぱが植えられています。
花桃

花桜

シャガの花など・・・

たくさんの方が見に来てくれています。

ビジネスパートナーとして2019/04/11(木)
農産物をつくる人。
それを流通する人。
最後にその素材を料理する人。
この三者が連携して初めて価値が生まれる。

損得だけに走ると、これからの時代はやっていけなくなる。
料理人からのお言葉・・・。
これからの時代は、ビジネスパートナーとしてやって行きたい。
三者がお互いの情報を伝えあう時代だよ・・・。

ミニ葉わさびも新しい価値が生まれて楽しみな商品になってきた。



山々の桜2019/04/10(水)
昨夜から雨の天気となっていますが、上勝の山々の様子です。
ここは、標高が高いので、いまが見頃です。

桜も徐々に終わりが近づいてきました。

この季節もいいですよねぇぇーー。



春爛漫の季節です。2019/04/08(月)
おはようございます。
雨も上がり空気も新鮮!!
まさに春爛漫の季節です。

今が見ごろとなりました。

上勝に花見に行ってみようか・・・


棚田と彩り2019/04/05(金)
上勝町には、山奥深いところに棚田があります。

まさに桃源郷ともいわれるくらいの景色。

棚田と桜のコントラストが最高の舞台です。

潟Vケンさん研修2日目2019/04/04(木)
おはようございます。
今日は、株式会社シケンさんの新入社員研修2日目。
農家さんに行きますよぉぉーー。

出発前の説明を受けてます。
みんな笑顔でスタートやな・・・。

シケンさん新人研修!!2019/04/03(水)
今日から三日間、県内に本社を置く株式会社シケンさんが
新入研修に来てくださいました。

従来の研修と違った取り組みに注目が集まっています。

自ら考えて行動することを学ぶ・・・。

春爛漫2019/04/02(火)
ちょっと花冷えしてきましたが・・・。
春爛漫の陽気です。

上勝に来て40年一年で大好きな季節。
この場所が大好き。

ほんまに心和む景色です。








卯月2019/04/01(月)
四月を卯月(うづき)。
卯月の由来は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」
を略したものというのが定説となっている。
しかし、卯月の由来は別にあって、卯月に咲く花だから卯の花と呼ぶのだとする説もある。

新年度または新学期の時期であり、学校・官公庁・会社などでは入社式・入学式が行われる。

上勝では、春爛漫の季節で山々が花物でいろどられる。

いろどり山に花が咲き始めてきた。2019/03/29(金)
いろどり山に花が咲き始めてきた。
花わさび・・・

桜の花・・・

桃の花・・・

スタートとしてまだ一年ですが、
小さなつぼみも膨らんできています。
楽しみやなぁぁーーーーー。

木の布お買い上げいただいた皆様へ2019/03/25(月)
先週東京マルイで開催した木の布の展示会。
たくさんの方がご来店くださりお買い上げありがとうございました。

使ってみたら「肌ざわりがが良くてとてもいい」と・・・
どこで買えるのですか?というお問い合わせをいただいていますが、弊社のホームページから購入できますので引き続きよろしくお願いします。

近年、地震、洪水、台風、猛暑と自然災害は、いつどこで何が起きるかわからない状態の中で、自然環境の保全をみんなが考えていかなければならないではないでしょうか・・。

上勝町も木がお金にならなくなり森林が荒廃して洪水が度々起きます。なんとかせねば大変なことになります。

その課題を解決することに取り組んでいます。間伐材を糸にして布をつくる。この取り組みを広げていきたい・・・。





人気の椿展今日まで。。2019/03/24(日)
上勝町内で開催されている世界を彩る椿展。
今日24日が最終日です。
たくさんの方々で賑わっています。
写真
まだの方は、ぜひとも見にいらしてくださいね。

いろどり山の葉わさび。2019/03/22(金)
上勝町のいろどり山の葉わさびも活き活きとしてきました。
やはり自然の恵みはすごいものですね。

いろどり橋から眺める景色も最高です。


山から川へそして海へ2019/03/13(水)
「森は海の恋人」の畠山さんとお会いした時に、山の環境がよくなることにより海の環境も良くなることを教えられた。山、川、海がつながっているということだ。

日本の山は、木材の価格低迷により荒れ果てている。
その影響から魚の捕れる環境もかわってきている。
これをなんとかせねばあかん。。。

森か蘇ると川や海の環境も良くなり魚がたくさん捕れる。
魚がたくさん捕れると彩の使われる頻度が高くなりまさに
好循環が生まれる。

今回有楽町マルイで間伐材を使った木の布を販売し、小さな取り組みだが、山の環境を良くすることにつながればいい。。

みんなが世の中や国などの精にしないこと。
何もしないよりは、まずは小さなことから始める。
一枚のタオルから山が甦る。
一枚、一枚積み重ねていけば・・・。

ぜひみなさん期間中にお近くに来られましたらお立ち寄りください。

弊社の代表も16日、19日、20日、21日と会場にいる予定です。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

詳しくはHPで


マルシェスト2019/03/06(水)
みなさんマルシェストっていう言葉を聞いたことがありますか・・
いまあちこちで開催されているマルシェですが、その専属販売人です。簡単に言うと「マルシェ販売のプロ」。

東京にいて故郷の役にたちたい・・・。
副業でやりたい・・・。
若者でもできること・・・。

当日弊社の代表横石が登壇します。

イベント概要
【日  時】 2019年3月9日(土)  13:00〜16:00(開場12:30)
【場  所】TRAVEL HUB MIX(千代田区大手町2丁目6-2)
【アクセス】JR・メトロ各線「東京駅」日本橋口から徒歩1分
【定  員】100名程度
【参加料金】無料

みなさんの参加をお待ちしています。

詳しくはHPで

魅力ある勝浦川をお楽しみください。2019/03/05(火)
橋から下を覗くと鏡を見ているような透明感あふれる勝浦川。

この時期のいろどり橋からの景色は、絶景です。

桃の節句。2019/03/03(日)

桃の節句のいわれ
3月3日はこの五節句のうちの一つで、もともとは3月上旬の巳の日をさし、中国の上巳の日に川で身を浄める禊ぎの習慣があり、これが平安時代に日本に伝わったとされています。後に川に人形を流して厄災を祓う「流し雛(ながしびな)」の風習となっていきました。
ひな祭り自体は、京の貴族階級の子女から始まった人形遊びが起源で、江戸時代に庶民へと伝わり、次第に3月3日に、女の子のお祝いの儀式として人形を飾るしきたりが定着していったとされています。
これら2つが合わさって現代の雛祭りの原形となりました。現在でも流し雛の風習が残っている地域があります。

桃の花は、美しさやかわいらしさだけでなく邪気を払うという意味もあります。昔から邪気を退散させるとして貴重な存在です。字に「兆し」という文字がつけられていることも、吉兆の特徴をあらわし、他にない魔や邪気に対する効力があるほど、人の幸せをまもり、さらに良い兆しを呼び込む木です。

みなさん今日の桃の節句をお楽しみください。

弥生2019/02/28(木)

今日から3月に入ります。
3月は、弥生。
草木がいよいよ生い茂る月という意味。
「弥」には、いよいよという意味、
「生」には生い茂るという意味があります。

3月は、12月に次いでいろどりの売り上げが多い月。
行事ごとやお祝いごとが多いので楽しみです。

大阪研修で学ぶ!!2019/02/26(火)
今朝は、彩部会の大阪研修です。
みんな熱心に勉強しています。


ふきのとうは、春の訪れを告げる。2019/02/24(日)
春の訪れを告げるふきのとう。

ひとつひとつ丁寧に摘み取ります。
てんぷらにすると美味しいですよぉぉーー。


最初のページです  /  次の50件を表示
戻る
▲このページの先頭に戻る  
 
              
© 2009 株式会社いろどり
powered by bizan.com