葉っぱの町 上勝町 いろどり

葉っぱ商品

葉っぱ商品

ちら見

ちら見

講演

講演

インターンシップ研修

インターンシップ研修

幸染め

幸染め

セミナー

セミナー

今日のいろどり

今日のいろどり

南天で難を転ずる

師走になると南天の葉っぱが人気。

お赤飯に添える南天の葉に含まれる作用とは・・・。

初節句や七五三など、お祝い事に南天の葉を添えて食べるお赤飯。赤い色は厄除けの力があると信じられ、江戸後期から慶事に用いるようになったという言い伝えがあります。

大きな重箱に南天を敷き、赤飯をたくさんつめてという記述があり、江戸時代にも使われていたことがうかがえます。

当時は病気が全快した時には「難を転じて」助かった幸運の印として南天の葉を表向きに添え、逆の場合は葉を裏向きにして不幸にならないようにと願いました。

今もお祝い時にこの習慣が続いているのは、厄よけだけが理由ではありません。南天の葉には「ナンニジン」という成分が含まれており、お赤飯の熱と水分により「チアン水素」を発生させます。このチアン水素にお赤飯の腐敗を抑える作用があるのです。

お赤飯に南天の葉。先人の知恵がつまった日本ならではの美しい習慣です。
強力隊!活動記
12月11日(月)更新New!
『森林浴(SHINRIN-YOKU)!』
上勝葉っぱ情報
12月11日(月)更新New!
『ゆずり葉』
今日の横石
12月11日(月)更新New!
『東京から戻る!!』
              
© 2009 株式会社いろどり
powered by bizan.com